1. 杏林大学トップ
  2. グローバル企業セミナー開かれる

グローバル企業セミナー開かれる

海外での事業展開などグローバルな活動を行っている企業の採用担当者を招いて、求める人物像や人材育成の方法などを聞くセミナーが、10月23日井の頭キャンパスで開かれました。
このセミナーは、キャリアサポートセンターと国際交流課の共催で初めて開いたもので、学部生と大学院生、それに交換留学生あわせて25名が出席しました。
講師には3つの企業から採用担当者を招き、このうち海外での事業展開を行っているバルブメーカー「フジキン」の採用担当者は、まず人材育成の方法について外国人英語教師によるレッスンやアメリカの大学への留学制度を紹介した上で、「求めるのは世界で通用する日本人、つまり気配りやおもてなしの心を持った人物であり、語学力に加えてコミュニケーション力、相手の立場に立つことができることが必要だ」と強調しました。
また同じく海外で事業展開している大手警備会社「セコム」の採用担当者は、まず海外での事業の方針について「日本でのノウハウを活かして、事件事故、災害、医師不足といった不安を取り除くことだ」とした上で、求める人物像について「語学力だけでなく、コミュニケーション力、挑戦意欲、忍耐力、実行力がほしい」と指摘しました。
一方、日本国内で働く外国人を支援している「グローバル・トラスト・ネットワークス」の採用担当者は「言語はあくめでツール=道具であり、大切なのはコミュニケーションをとることで、互いの違いを尊重することだ」と訴えていました。
この後、企業ごとのグループに分かれて懇談の場が設けられ、学生たちは「どの程度の語学力が必要か」とか「入社後どのくらいで海外での仕事に就けるのか」といった質問をしていました。
参加した学生からは「視野が広がった」、「少人数だったため聞きたいことを細かく質問できて良かった」といった感想を寄せられました。

2019年10月30日
キャリアサポートセンター

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP