1. 杏林大学トップ
  2. 就職活動シミュレーション行われる

就職活動シミュレーション行われる

 就職活動に備えて、総合政策学部に続いて外国語学部の3年生が就職選考を模擬体験する就職活動シミュレーションが、11月16日の土曜日に井の頭キャンパスで行われました。
 この日は、集団面接とグループディスカッションが行われ、リクルートスーツに身を包んだ3年生たちが、企業などから招いた審査員の前で本番さながらの選考に臨みました。
 このうち集団面接は2人から3人がひと組になり、航空会社を想定した部屋では審査員から「自己PRを1分間で述べて下さい」とか「この会社を希望した理由は何か」、「自分の性格を漢字ひと文字で表してください」といった質問を受けていました。面接は学生たちの答えに対して審査員から再質問がなげかけられるという形で進められ、ある学生は緊張した表情で、またある学生は笑顔を浮かべながら真剣に取組んでいました。面接終了後は審査員からその場で話し方や内容について簡単なアドバイスを受けていました。
 一方、グループディスカッションは、7~8人がひと組となり、あるグループでは「働くとは?」というテーマで12分間意見を交わしました。今回は司会役、書記役といった役割を決めませんでしたが、自然と司会役を務める学生が現れ、その学生を中心に働く上で大切なことについてそれぞれが考えを発表しました。
 ある学生は「面接では考えてきたことが、すぐに言葉にできず詰まってしまった。本番に向けて練習あるのみです」と話していました。また別の学生は「審査員からは笑顔とアイコンタクトの大切さを教わりました。あとは言葉が自然に出るように心がけたい」と話していました。
 選考終了後、教員と審査員ひとりひとりから講評が行われ、最後に内々定者にあたる合格者が発表されました。
 外国語学部の3年生たちは、今日の集団面接で撮影されたビデオを観ながら、改善すべき点を改め、就職活動に臨むことにしています。

キャリアサポートセンター
2019年11月19日

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP