1. 杏林大学トップ
  2. 就活直前の自己分析講座開かれる

就活直前の自己分析講座開かれる

 本格的な就職活動シーズンを間近に控えた3年生を対象に、自分自身の強みを理解し、いかに企業にアピールするかを学ぶ自己分析講座が、1月8日に井の頭キャンパスで開かれました。
 就職活動の準備として、自己分析は業界・企業研究と並んで重視されていて、この日の講座には総合政策学部と外国語学部の3年生あわせて16名が参加しました。
 講師には、大学で学生の就職支援を担当しているキャリアコンサルタントをお招きし、講師はまず自己分析を行うにあたっては「自分自身を丁寧に振り返ることが大切だ」と強調しました。
 その上で具体的な自己分析の方法として、1つには「今までの経験を振り返ってどういう力が身についたかを分析し、その力を企業でどのように発揮できるかを考えること」だとし、もう1つは「企業のホームページなどからその企業が求める要素を予測し、その要素を身につけた経験、発揮した経験を思い出すこと」だと説明しました。
 また実際の面接の場で学生が陥りがちな勘違いの例として、例えば「学生時代に最も力を入れて取組んだことは何か」という質問に対して、エピソードをまるで報告書のように詳しく伝えるだけで、そのエピソードによってどんな自信がついたかという要素が抜け落ちてしまう場合があることを指摘していました。
 参加した学生は「自己分析のやり方を基本から知ることができた」とか「自分の経験を振り返るだけではダメだということを学んだ」といった感想を寄せていました。
 3年生を対象にした就活対策講座、1月10日には集団面接に備える講座が予定されています。

キャリアサポートセンター
2020年1月10日

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP