健康診断の機会利用し就活資料を配布

 新型コロナウイルスの感染拡大により企業の合同説明会や個別説明会の中止・延期が相次ぐ中で、キャリアサポートセンター(以下CSC)は3月30日、健康診断を受けるために登校してきた3年生の希望者に対し、各企業から提供を受けた会社紹介パンフレットなどの就活関連資料を配布しました。
 この就活関連資料は、中止となった2月の学内での企業研究セミナーに参加する予定だった企業に加え、求人のため来校した企業も含めあわせて80社余りから提供を受けたもので、CSCの中に業界別に展示されました。
 CSCには、健康診断を終えた3年生たちが次々と訪れ、企業一覧を手にCSCの職員と相談しながら、お目当ての企業の資料を持ち帰ってゆきました。
 新型コロナウイルスの感染拡大により企業の合同説明会や個別説明会の中止・延期が相次ぎ、学生の間では就職活動をどう進めたらいいのか不安が広がっています。
 就活関連資料の配布は、今後の就職活動の手がかりにしてもらおうと行ったもので、ある学生は「WEBでの説明会には参加しているが、ナマの自分をアピールする機会があるのか心配です」と話していました。また別の学生は「説明会にはすでに10社ぐらい行ったが、選考が予定通り行われるのか、また採用数も減らされないのか気がかりです」と話していました。
 CSCではこの日配布した資料を今後窓口でも希望する学生に配布するとともに、電話だけでなくWEBでの相談を受け付ける準備を進めています。

キャリアサポートセンター
2020年3月31日