就職率前年度に並び過去2番目の高さに

 令和元年度(2019)年度の本学の卒業生の就職率は、保健、総合政策、外国語の3学部合計で97.7%と前年度と並んで過去2番目の高さとなりました。
 キャリアサポートセンター(CSC)のまとめによりますと、3つの学部のそれぞれの就職率は、保健が96.9%、総合政策が98.9%、外国語が98.3%となりました。これを前年度と比べますと、外国語は-1.1ポイントと低くなっていますが、保健は+0.2ポイント。総合政策は+0.4ポイントとともに高くなっています。この結果、3学部合計では97.7%となり、前年度と並んで過去2番目に高い数字となりました。
 令和元年度の卒業生は、井の頭キャンパスがオープンして初めて迎えた井の頭1期生で、学生に有利な売り手市場を背景に、井の頭キャンパスオープンを機にスタートしたキャリア教育により就職に対する意識とスキルが高まったこと、教職員が連携して就職を希望する学生は最後のひとりまで面倒を見るという活動が定着したことが高い就職率を維持する要因になったものとCSCでは見ています。
 しかしながら現4年生の就職活動は、新型コロナウイルスの感染拡大により、企業の合同説明会や個別説明会が相次いで中止・延期されるなど異例の事態の中で迎えています。CSCでは当面、企業の採用活動の動向を学生にこまめに提供する一方で、WEBを利用した面談を行うなどして支援にあたっています。今後は緊急事態宣言の行方や企業の動きを注視しながら、臨機応変に対応してゆくことにしています。

キャリアサポートセンター
2020年5月19日