学内企業研究セミナー始まる

 本格的な就職活動シーズンを前に、企業の事業内容やインターンシップについて説明を受ける「学内企業研究セミナー」が、12月1日からオンラインで始まりました。
 初日の1日は大手生命保険相互会社の説明会がオンライン会議システムを使って実施され、総合政策学部と外国語学部の3年生に加え1・2年生も含め学生19名が参加しました。
 採用担当者は事業内容の説明を行った後、「生命保険という商品の魅力は契約者本人だけでなくその家族も長い期間にわたってサポートできること」と説明した上で「お客様一人ひとりに向き合える仕事」であると訴えました。また、「ワークライフバランスを取り入れた働き方が実現されており、女性にとってもとても働きやすい環境である」とアピールしました。
 学生からは「商品を提案する上でのこだわりは何か」「強みと弱みは何か」「コロナ禍での影響はあったか」などの質問がされました。
 最後に担当者から「いろんな企業の話を聞き、自分に合う企業を見つけてほしい。応援しています」とエールが送られました。
 この「企業研究セミナー」は、12月と1月の平日は1日1社ずつ原則オンラインで行われ、2月は1日最大6社、あわせて約80社の企業にご参加いただきます。
 キャリアサポートセンターでは就活を目前に控えた3年生だけでなく、1、2年生も参加するよう呼び掛けています。

キャリアサポートセンター
2020年12月3日