1. 杏林大学トップ
  2. 医学部剣道部 三鷹市春季剣道大会で健闘

医学部剣道部 三鷹市春季剣道大会で健闘

個人戦で準優勝の日下真吾さん(左)と3位の栗原里沙さん

個人戦で準優勝の日下真吾さん(左)と3位の栗原里沙さん

医学部剣道部は昨秋に続き、5月19日に行われた三鷹市春季剣道大会に参加しました。
三鷹での開催ということもあり、当日は本学からも多くの方が応援に駆けつけてくれました。そのため会場内での声援はひときわ大きく、本学の選手が出場するたび試合を大いに盛り上げていました。

試合には、団体戦2チーム、個人戦に12名(医学部 9名、保健学部1名、OB 2名)が出場しました。
個人戦では男子弐段以下の部において、日下真吾(医学部3年)が準優勝、女子の部において、栗原里沙(医学部3年)が3位という本大会で初の入賞を果たすことができ、OBで現監督の伊藤尚真先生も4位の好成績を残すなど、日頃の成果を十分発揮することができました。
一方団体戦は、勝負の行方が見えない緊張感ある試合が続き、最終代表選までもつれ込む激しい試合になりましたが、惜しくも勝利には一歩届きませんでした。しかし、この試合で得るものは大きく今後に繋がる戦いとなりました。
これからは8月に開催される東医体、秋の三鷹市民大会で、団体戦・個人戦共に入賞することを目標に掲げ、週2回の短い稽古に集中して取り組んでいきます。何より部員一同楽しく、練習に励みたいと思っています。

(医学部4年剣道部主将 藤麻武志)

■出場選手(以下2チームで団体戦に参加)      ※敬称略
現役男子 氏名 所属(役職)
先鋒 日下真吾 医学部(副主将)
次鋒 村瀬喬弥 医学部
中堅 藤麻武志 医学部(主将)
副将 尾花優一 医学部
大将 中泉太佑 医学部
現役女子 氏名 所属(役職)
先鋒 大谷眞理子 医学部
次鋒 吉田奈央 保健学部
中堅 谷脇光一 医学部
副将 栗原里沙 医学部
大将 渡辺剛 医学部

※個人戦のみ出場者:伊藤尚真(OB/監督 外部病院勤務)、尾立冬樹(OB 外部病院勤務)
※マネージャー:竹村麻悠(保健学部)、守谷彩(保健学部)


2013.6.10

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP