1. 杏林大学トップ
  2. 3学部杏会総会を開催しました

3学部杏会総会を開催しました

保健学部、総合政策学部、外国語学部の保護者を対象とした杏会総会が6月8日(土)、午後1時から八王子キャンパスで開催され、300人を超える保護者が参加しました。

杏会総会を前に、3学部の保護者はE棟4階の大教室に一堂に会し、跡見裕学長の挨拶とポール・スノードン副学長の講演、つづいて学生支援事業や就職に関する報告を受けました。

跡見学長は、杏林学園が創立50周年を迎える2016年4月に三鷹に新キャンパスを開設して八王子キャンパスの3つの学部と大学院を移転することを報告しました。そして、「杏林大学は確かな語学力と国際的な視野を持つ学生を育てていきたい」と学生教育について話しました。そして大学をあげて取り組んでいるグローバル人材の育成に関する様々な事業への、保護者の理解と支援を求めました。

スノードン副学長は、この4月に現職に就任した挨拶とともに、日本での35年間の大学教育歴を活かして杏林大学のさらなる発展に尽くしたいと決意を述べました。そして、「グローバル人材のポテンシャル 世界を職場として活躍するために」のテーマで講演を行いました。

講演では時折ユーモアを交えながら、留学の重要性や留学は大学教育に不可欠なものの一つであること、そしてそのために語学力をつけることを自らの経験などを例に説明しました。

挨拶をする跡見学長

講演を行うスノードン副学長

そのあと原田奈々子学生支援センター長(総合政策学部教授)が、学生支援センターの事業概要として、学生生活や課外活動の支援内容の紹介のほか、留学者数・ボランティア参加者数などをテータを提示しながら報告しました。また、 就職に関する報告はキャリアサポートセンターの宮﨑則行センター長が行い、2013年3月卒業者の就職報告や同センターが準備している、就職支援関連の講座や資格取得支援プログラム、就職対策に関する各種のイベントが紹介されました。

午後3時からは学部ごと会場にわかれ、平成24年度決算・事業報告、平成25年度役員選出、平成25年度予算(案)・事業計画(案)などを議題とした総会が行われました。 総会終了後はガーデン丘(学生食堂)で保護者と教職員による親会パーティが開催され、この日予定していた杏会総会と関連する催しは全て無事終了しました。

2013.6.10

原田学生支援センター長の報告

原田学生支援センター長の報告

  

キャリアサポートセンターの報告

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP