1. 杏林大学トップ
  2. 第55回インナー大会プレゼン部門・木暮ゼミの2グループ2次予選へ

第55回インナー大会プレゼン部門・木暮ゼミの2グループ2次予選へ

関東最大規模のプレゼン大会「日本学生経済ゼミナール関東部会・第55回インナー大会」に杏林大学総合政策学部から複数のチームが挑みました。

この大会は、経済・経営・商学などを学ぶ学生が普段の研究成果を発表・議論する場として毎年開催されています。大会は、プレゼンテーション部門と討論部門があり、総合政策学部の学生たちはプレゼンテーション部門にエントリーしました。

9月13日(日)、135チームが参加して専修大学生田キャンパスで「プレゼン部門一次予選」が行われました。その結果、木暮ゼミから出場した2チームが一次予選を突破し、上位30チームで競う二次予選へ進出しました。

木暮ゼミ2チームの発表テーマは「若者投票率向上プロジェクト—大学生の私たちにできること」、「ワールドカフェを広めよう—World SpraTrip Project」です。
それぞれのテーマは、本学と包括地域連携を結ぶ羽村市での活動に基づく内容で、これまでの地域活動も含め、今後の具体的なプランについて紹介しました。

二次予選は、9月27日(日)に行われました。30チームが5ブロックに分かれて、情報収集力、論理性、着眼点、プレゼン力、質疑対応力を10点満点で審査するもので、各ブロック上位2チームが本選大会に進むことができます。
(昨日9/30、2次予選結果が発表され、本学2チームは残念ながら本選大会出場を逃しました)

「若者投票率向上プロジェクト」の発表

「若者投票率向上プロジェクト」の発表

「ワールドカフェを広めよう」の発表

「ワールドカフェを広めよう」の発表

指導に当たった木暮健太郎准教授から
学生たちは夏期休暇中も大学に来て、全力でプレゼンの準備を続けてきました。一次予選の突破という結果に結びついたことは素直に喜ばしいと思います。この大会には多くのチームが出場しますが、他大学の学生によるプレゼンを聞く機会は少ないので、その意味でも非常にいい経験が出来たと思います。




2015.10.1

大会に参加した木暮ゼミの学生

大会に参加した木暮ゼミの学生

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP