1. 杏林大学トップ
  2. 2018年度外国語学部熊谷奨学生に佐藤さんと岡林さん

2018年度外国語学部熊谷奨学生に佐藤さんと岡林さん

 熊谷文枝杏林大学名誉教授の寄付を原資に平成20年に設立された熊谷奨学金は、留学を希望する学生のための外国語学部独自の給付型奨学金です。
 記念すべき10回目のアニバーサリーイヤーとなった今年度、厳正な書類、面接審査を経て、中国語学科1年の佐藤 莉莉さんと観光交流文化学科1年の岡林 平さんが奨学生に決まり、12月25日(火)、井の頭キャンパスで授与式が行われました。

 奨学金選考委員長の坂本ロビン学部長から奨学生に採用決定通知書が手渡され、坂本学部長と赤井孝雄教務部長から激励の言葉が贈られました。
 坂本学部長は、「熊谷奨学生が貴重な留学体験を積み、勉学に励むことを熊谷先生は、何よりも嬉しく思われるでしょう。今回奨学生となった佐藤さん、岡林さんも留学では大変なことがあると思います。そのような時こそ、明るく笑顔で頑張ってください」と言葉を贈りました。
 赤井教務部長は、「この奨学金は熊谷先生自身も過去に渡米した経験があり、その経験を次世代の人たちにもしてほしいという願いが込められています。是非、有意義な時間を過ごしてください。そして帰国後も外国語学部のために貢献しください」と伝えました。

 2019年3月から約1年間、中国の天津外国語大学に留学する佐藤さんは、「勉強はもちろん、その国人たちの価値観を理解したいと思っています。将来、グローバル人材として活躍することを目標に学び続けたい」と決意を語りました。
 2019年8月から約1年間、オーストラリアのサンシャインコースト大学に留学する岡林さんは、「留学で観光分野の知識を深めたいです。観光の本質を知るには、海外から日本を見ることも必要だと思います。また、英語で学ぶことで自身の考えがより広がると思います。留学で、これからの学生生活や自分の将来に活かせる様々な経験をしたい」と抱負を語りました。

 奨学生の二人は、堂々と決意を表明してくれました。留学先で遭遇する困難も持ち前の明るさで乗り越えてくれることでしょう。帰国後は、留学経験を後輩に語り継ぐなどして、大学に寄与してもらいたいと思います。奨学生決定の報告を楽しみに待たれている熊谷文枝先生も、それを望んでいることでしょう。

2018.12.26

学生支援課


杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP