大学ホーム>八王子保健センター>新型インフルエンザへの対応

新型インフルエンザへの対応

新型インフルエンザの発生が認められ、WHO(世界保健機関)による警戒レベルもフェーズ5に引き上げられました。まだ、国内での流行はみられていませんが、事前に備えておくことが重要です。

新型インフルエンザも、通常のインフルエンザと同様な形式で感染が広がると考えられます。
 飛沫感染:感染者の咳やくしゃみとともに吐き出されたウィルスを吸い込む
 接触感染:ウィルスが付着したものを触った手で口や眼を触る

飛沫感染の防止には
 ・マスクの着用 ・咳エチケット ・人混みを避ける
接触感染の防止には
 ・手洗いの徹底 ・手指消毒


不要不急の外出は控え、「感染した?」と思ったら、まず八王子市保健所など最寄りの保健所に電話で相談してください。
とくに38度程度以上の発熱には注意してください。


新型インフルエンザの最新情報については、下記各ホームページ等を参照してください。

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/
東京都福祉保健局
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/
八王子市保健所
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/hoken_iryo/hachi_hokenjyo/index.html

このページのトップへ