1. 杏林大学トップ
  2. インフルエンザにご注意!!

インフルエンザにご注意!!

インフルエンザの季節到来!

今年もインフルエンザの季節がやってきました。

八王子市では学級閉鎖校も出てきており、例年に比べ少し早い流行が見込まれます。インフルエンザは感染力が強く、1人がかかると数人にうつってしまうこともあります。自分がかかってしまう前に、しっかりと予防対策を行ないましょう。

1人1人が予防をすることで流行を抑える事が出来ます。
予防に向けて、事前の備えと対応について確認しておきましょう。


飛沫感染:感染者の咳やくしゃみとともに吐き出されたウィルスを吸い込む
接触感染:ウィルスが付着したものを触った手で口や眼を触る

飛沫感染の防止には・・・
・マスクの着用 ・咳エチケット ・人混みを避ける
接触感染の防止には・・・
・手洗いの徹底 ・手指消毒


実習などで学外(病院、学校、施設など)に出る人は、毎朝必ず検温をしてください。
37.5℃以上の発熱がある場合、感冒症状(咳、咽頭痛、鼻汁)、倦怠感、頭痛、下痢等が出現した場合には理由を報告して、先方の指示を仰いでください。
インフルエンザと普通の風邪との大きな違いは、急な発熱、悪寒、倦怠感や関節痛、頭痛です。
これらの症状がある場合、特に注意してください。
また、大学への登校、クラブ・サークル、アルバイトなども、熱など上記の症状があるときは休み、医療機関を受診してください。


「感染した?」と思ったら、
事前に医療機関に電話で連絡し、その機関での受診時間帯や受診方法等の指示に従い、マスク着用のうえ受診して下さい。
インフルエンザと診断された場合には、新たな感染者を増やさないように、症状がある間は外出を避け、自宅療養してください。
なお、発症後5日間かつ解熱後2日間は出席停止です!!
また、インフルエンザであると診断された場合は、授業を欠席し、学生支援課(職員は庶務課)に連絡をして下さい。

八王子キャンパス 042-691-0011(代表)

東京都福祉保健局(東京都インフルエンザ情報)
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/flu/

国立感染症研究所
http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc.html

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP