大学ホーム>外国語学部>英語学科で、英語インテンシブ・プログラムが新しくスタートします!

英語学科では、2010年4月から1、2年生を対象に、英語力増強のための新しいプログラムを導入します。

英語学科で、英語インテンシブ・プログラムが新しくスタートします!
少人数制クラスでの徹底的なオーラル訓練!  すべて英語による指導!



 英語学科では、2010年4月から1、2年生を対象に、英語力増強のための新しいプログラムを導入します。一クラス5名程度の少人数制で運営し、大学のオリジナル教材PEP(実践英語習得プログラム)を使用します。集中的なオーラル(発話)訓練期間はトータルで一年半。指導もすべて英語で行ないます。(はじめの一年間は試験版として運用し、本格的な導入は2011年を目指します。)

学生諸君が一年半、本格的な英語のコミュニケーション能力にじっくりと磨きをかけた後の目標は、2年生秋学期時のセメスター海外留学です。そのため生活やビジネスに必要な実践的なトレーニングを1年生のうちから徹底的に積んでいきます。

このプログラムに選抜された学生が行なうのは、英会話の訓練だけではありません。多読と多聴を毎日の習慣とすること、文法の基礎をしっかりと固めること、そして国際人としての教養や考え方を身につけることも、大事な目標の一部です。ですから1年次から、授業での宿題・課題が多くの量に上るという心構えは持っておく方がよいでしょう。

杏林大学外国語学部では2006年からTOEICテストを導入していますが、英語インテンシブ・プログラムではその仕組みをさらに充実させていきます。ウィークポイントの分析に基づく継続的かつ徹底したトレーニングを通じて、留学前までに600点、大学2年生修了時には無理なく730点を取れる程度の英語力にまで、実力を高めていきます。

充実した教師陣と万全の教育サポート体制の下で、国際人として確実に通用する英語力にまで自分を高めてみませんか? あなたが杏林大学外国語学部英語学科の英語インテンシブ・プログラムに参加してくれるのを、待っています。


このページのトップへ