1. 杏林大学トップ
  2. 英語学科の学生がオーストラリア大使館の夏祭りでボランティアとして活躍

英語学科の学生がオーストラリア大使館の夏祭りでボランティアとして活躍

8月26日(金)オーストラリア大使館にて大使館職員の方やその家族の方々のための夏祭りに外国語学部英語学科の学生4名がボランティアとして参加しました。日本式のお祭りを英語で行うという体験を通じて学生達はたくさん学ぶことがありました。本学の学生を受け入れてくださいましたオーストラリア大使館の関係各位に感謝申し上げます。以下は参加した学生のコメントです。

今回のお祭りでは、子供たち向けに設置されたスーパーボールすくいやヨーヨー釣りの運営をさせていただきました。初めは少し不安もありましたが、お祭りが始まると思っていたよりも子供たちがたくさん集まってくれて、皆が元気に楽しむ様子を見ることが出来ました。参加者のほとんどがそれぞれ綺麗な浴衣に身を包み、和太鼓のパフォーマンスや屋台を楽しんでいました。日本のお祭りではありましたが一瞬日本にいるということを忘れてしまうような感覚でした。簡単な受け答えではありましたが英語でのコミュニケーションもでき、普段立ち入る機会のない大使館において日本の文化を海外の方と楽しむという貴重な経験をさせていただきました。
英語学科4年  西内絢音

わたしはこのオーストラリア大使館でのボランティアで、自分が英語を学ぶ理由を再確認することができました。お手伝いの内容は、大使館で行われる日本式のお祭りにおいて子供向けのゲームコーナーの運営で、スーパーボールすくいや光る腕輪などの遊び方や楽しみ方を教えてあげるものでした。特にヨーヨー釣りでは初めて体験するお子さんが多くみられ、自分の英語でルールを理解し、楽しんでくれる子どもたちの笑顔に、癒しと元気をもらいました。これからも多くの人と気持ちを共有できるように精進します。
英語学科3年 本橋亮子

(担当 英語学科准教授 野口洋平・倉林秀男)

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP