英語学科の倉林教授が英語の学習書を出版しました。

本学部英語学科の倉林秀男教授が英語の学習書『英文解釈のテオリア』(Z会)を出版しました。本書は英語のリーディングスキルをターゲットとした著作ですが『ヘミングウェイで学ぶ英文法』の著者ならではの行き届いた文法解説が特徴で、発売とほぼ同時に増刷が決まるなど大きな話題を呼んでいます。大学受験に向けて英語の読解力を高めたい受験生は言うまでもなく、英語の実用スキルを身につけたい大学生や社会人の人にもおススメできる一冊となっています。