野口准教授が東京都「おもてなし親善大使」育成塾で講師を担当

 東京都では、都内在住または在学の中学生・高校生を対象に、外国人旅行者への接し方や「おもてなし」の手法を学ぶ「おもてなし親善大使」育成塾を実施します。今年度は2月の2日間で総計約100名が参加予定です。1日目は都内観光地・歴史・文化等の知識や外国人へのおもてなしの手法等について学習します。2日目は都内の観光スポットを巡り、実際に「おもてなし」を体験します。



 この育成塾について、一昨年度までに引き続き、外国語学部観光交流文化学科の野口洋平准教授が東京都の観光政策、観光資源に関する講座(1日目)を担当します(昨年度は新型コロナウイルス感染症拡大のため中止)。講座は、オリジナルテキストと配付資料、パワーポイントを使用した講義と、「東京を訪れた旅行者に私たち(中高生)ができることは何か」などをテーマにしたグループディスカッションで構成されています。



東京都:令和3年度「おもてなし親善大使」育成塾参加者募集
https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/tourism/taishi1/




野口洋平
杏林大学外国語学部観光交流文化学科 准教授・博士(観光学)
専門は旅行業の経営・マーケティングおよびホスピタリティ・マネジメント、東京商工会議所観光専門部会委員、文京区アカデミー推進計画策定委員会委員・分科会座長、文京区アカデミー推進協議会委員・分科会座長、東京シティガイド検定委員会作問部会委員等を歴任。東京都観光まちづくりアドバイザー、観光庁「既存観光拠点再生・高付加価値化推進事業」スペシャリスト。
詳しいプロフィール

東京都「おもてなし親善大使」育成塾の募集ポスター

東京都「おもてなし親善大使」育成塾の募集ポスター

野口洋平准教授(観光交流文化学科)

野口洋平准教授(観光交流文化学科)