日本酒研究会が浅草フィールドワークを行いました

 本研究会は日本酒の酒蔵と協働し、地域の歴史、生活文化、観光資源を学ぶことを目的とした研究グループです。

【事前研究発表会】
 この春学期には、浅草・上野周辺における日本酒に纏わる「経済」「科学」「歴史・文化」「社会」という4つのテーマについてチームに分かれ、限られた時間の中でそれぞれが準備を進め2度の発表会を行うことができました。

☝経済チームは経済成長の歴史を日本酒とともに。

☝経済チームは経済成長の歴史を日本酒とともに。

☝科学チームは地質と水から独自の分析を。

☝科学チームは地質と水から独自の分析を。

☝歴史と文化チームは詳細な見学コースを提案。

☝歴史と文化チームは詳細な見学コースを提案。

☝社会チームは「どぶろく」からみる日本酒の法整備を。

☝社会チームは「どぶろく」からみる日本酒の法整備を。

【フィールドワーク実施】 
7月23日(土)には事前の発表内容を基に、浅草・上野エリアにある日本酒関連スポットの見学を目的としたフィールドワークを行いました。関連する醸造所や専門店13か所を巡り、実際に足を運ぶことで気づきも多く充実した活動となりました。

参加した学生からも「色々な場所をまわって疲れたけれど、更に調べたいことも増え日本酒の奥深さを実感しました。」とコメントがありました。

次回のフィールドワークは、日本橋、銀座、東京駅の周辺での実施を予定しています。

文責:日本酒研究会担当藤田由香利