1. 杏林大学トップ
  2. 在学生はこんな本を読んでいる(『合同ビブリオ・バトル』より)

在学生はこんな本を読んでいる(『合同ビブリオ・バトル』より)

 12月10日(水)に開催された『合同ビブリオ・バトル』の続報です。
 チャンプ本・特別賞に輝いた本、その他紹介された主な本のタイトルを紹介させていただきます。
 年末年始の読書の参考になれば幸いです。

<チャンプ本(2作)>
・百田直樹 『永遠の0』 太田出版 2006年
・森絵都『カラフル』 文春文庫 2007年

<特別賞>
・米澤穂信『氷菓』角川文庫 2001年

<予選会を含めて紹介された主な本>
・川人博 『過労自殺』 岩波新書 1998年
・湊かなえ 『告白』 双葉社 2008年
・石毛直道 『世界の食べ物』 講談社学術文庫 2013年
・中村俊輔 『察知力』幻冬舎新書 2008年
・阿川佐和子 『聞く力』 文春新書 2012年
・能登路雅子 『ディスニーランドという聖地』 岩波書店 1990年
・恩田陸 『夜のピクニック』 新潮社 2004年
・松田美佐 『うわさとは何か』 中央公論新社 2014年
・山下京子 『彩花へ 「生きる力」をありがとう』 河出書房 2002年
・上原浩治 『覚悟の決め方』PHP新書 2014年
・早坂隆 『幻の甲子園』 文春文庫 2012年
・斎藤孝 『聞く力』 だいわ文庫 2012年
・三浦俊章 『ブッシュのアメリカ』新潮新書 2003年
・池上彰 『経済のことをよくわからないまま社会人になった人へ』 海竜社 2014年
・はらだみずき 『サッカーボーイズ 再開のグラウンド』角川文庫 2008年
・乾くるみ 『イニシエーション・ラブ』 文藝春秋社 2007年
・野村克也 『そなえ 35歳までに学んでおくべきこと』大和書房 2012年
・ポール・フライシュマン『種をまく人』あすなろ書房 1998年
・辛淑玉『怒りの方法』岩波新書 2004年
・鎌田洋『ディズニーおもてなしの神様が教えてくれたこと』SBクリエイティブ 2014年
・松崎洋『走れ!T校バスケット部』幻冬舎文庫 2010年
・長嶋一茂『三流』幻冬舎 2001年
・川村元気『世界から猫が消えたなら』小学館文庫 2014年
・西山繭子『バンクーバーの朝日』マガジンハウス文庫 2014年
・ローリング『ハリーポッターと炎のゴブレット』静山社 2002年
・勝見明『なぜ、セブンでバイトすると3か月で経営を語れるのか? 』プレジデント社2014年 
・藤堂志津子『きままな娘 わがままな母』集英社文庫 2012年
・マーク・トウェイン『ハックルベリィ・フィンの冒険』新潮社 1959年
・田坂広志『ダボス会議に見る世界のトップリーダーの話術』東洋経済新報社 2014年
・中村航『デビクロくんの恋と魔法』小学館文庫 2014年
・村上春樹『ノルウェイの森』 講談社文庫2004年
・ステファニー・メイヤー『トワイライト』ヴィレッジブックス 2003年
・乙武洋匡『自分を愛する力』講談社現代新書 2013年
・宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー』角川文庫 2006年 ほか  (T.K) 2014. 12. 22




総合政策学部入試のお知らせ
一般入試A日程〔出願期間〕2014年12月8日(月)〜2015年1月20日(火)必着
センター試験利用入試 Ⅰ期〔出願期間〕2014年12月8日(月)〜2015年1月16日(金)必着
AO入試【2月募集】 〔エントリー受付期間/資格審査期間含む〕2015年1月5日(月)〜 2015年1月30日(金)必着

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP