1. 杏林大学トップ
  2. 【院生活動報告】中国湖南省大通湖区における調査活動

【院生活動報告】中国湖南省大通湖区における調査活動

 修士論文を作成するための調査活動をおこなうために、中国の大通湖区という所に来ています。大通湖区は、中国の東南内陸部にある湖南省の中北部に位置しており、平原地域で、区の総面積は384㎢、『漁米の郷』と呼ばれています。大通湖区は4つの鎮(河壩鎮、北洲子鎮、金盆鎮、千山紅鎮)で構成され、プライマリーケアを提供する村衛生室が77カ所、入院医療を提供する総合医院5カ所が約13万人の人々の健康を守っています。この地域の最も大きな健康問題は、高血圧症、糖尿病及び冠状動脈心臓病などの慢性疾患です。
 
 今回の現地調査の期間は2015年4月16日から6月13日までの予定で、中国の農村部における中高年者の慢性疾患及び関連する保健医療サービスの現状を明らかにすることを目的としています。大通湖区の40∼64歳の住民から抽出された400人の対象者の各家庭を訪問してインタビューをしています。

 研究の初期段階(4月16日〜5月6日)では、質問票を検証するため、30人程のパイロットテストを行いました。パイロットテスト中は、指導教授が大通湖区に滞在し、インタビューが順調に進められるように指導をしていただきました。現在は調査研究の真最中で、日々村々を回り、家庭を訪問しています。様々な対象者と話ができるのは非常に良い経験ですが、問題もあります。各村の詳しい地図がないため、自分だけでは対象者の家庭を訪問することができません。そのため、村衛生室(村の診療所)の「郷村医師」に協力して頂き、訪問調査をしています。また、農村部あるため家庭間の移動距離が長いことや、雨上がりの泥道の移動などにも苦労をしています。この地域においては、非識字者も多く、インタビューの内容を理解してもらうことも大きな問題です。

 国際医療協力の講義で学んだことを実際に活用しながら、10年ぶりに生まれ故郷の大通湖区に戻り、故郷の人々の健康のため、自分なりの力を捧げられたらと思っています。


国際医療協力研究科国際医療協力専攻 陳甘露




我在中国湖南省大通湖区调研的报告


 大通湖区地处中国东南内陆湖南省的中北部地域,属冲积平原,总面积为384平方公里,有“鱼米之乡”的美称。大通湖区由河坝、北洲子、金盆和千山红4镇组成。77所提供一级预防医疗的村卫生室以及可供住院诊疗的5所综合医院,保卫着区内13万以上的人民群众。该地区的主要的健康问题为高血压、糖尿病及冠心病等慢性病。

 本次现地调研的预定时间为2015年4月16日至6月13日,主要目的是考察中国农村地区中老年人慢性病与相关保健医疗服务的现状。考察对象为大通湖区40至64岁间常住人群,主要采取了入户访问调查。

 在初步研究阶段(4月16日至5月6日),我对30名研究对象进行了问卷可行性测试。同一期间,指导教授访问现地并给予指导。因此,问卷可行性测试顺利结束。目前为现地调研的中间段,每天往返于各村庄进行入户访问调查。与各种研究对象直接对话,对于我本人来说是非常难得的体验。调查也存在某些困难。比如因没有该地区详细地图,如果没有各村卫生室的乡村医生的密切引领,我无法找到研究对象住所,此外,因该地位于乡村,各户间距离较远移动很费时间、雨后道路泥泞造成移动不便等。并且,该地区文盲较多,如何让研究对象理解全部问卷内容也是一个非常大的问题。

 这是我相距10年后重返出生的故乡。我非常希望能把在杏大研究生院国际医疗协力专攻所学的知识,用于增进家乡人民健康的事业。

国际协力研究科 国际医疗协力专攻 陈甘露



村でインタビューをしているところ

村でインタビューをしているところ


村衛生室辺りの景色

村衛生室辺りの景色

左から、大通湖区人民病院の劉院長、村衛生室の胡先生、北島教授

左から、大通湖区人民病院の劉院長、村衛生室の胡先生、北島教授

2015.05.30

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP