1. 杏林大学トップ
  2. 国際協力研究科・国際開発講演会を開催しました

国際協力研究科・国際開発講演会を開催しました


 今年度も2015年7月1日(水)に八王子校舎D棟417教室において、国際開発講演会が開催されました。
 
 講師は、Chavis Ketkaew氏と Phaninee Naruetharadhol氏のお二人で、タイの Khon Kaen University International College より、約1ヶ月の予定で杏林大学を訪問された若き研究者です。テーマはKetkaew氏が、Effect of International Trade and Labor Mobility on Income Distribution in Thailand : An Application of Non-Linear Distributed Lag Model 、Naruetharadhol氏が、Factors which affectLaoc-Thailand cross-border migration でした。

 講演に先立ち、北島勉教授よりお二人の紹介があり、続いてお二人よりKhon Kaen University およびInternational Collegeに関してビデオによる説明がありました。講演は二部に分かれ、前半はKetkaew氏で、久野新准教授が座長を担当しました。講演の概要は、貿易と所得分配の関係をタイのデータを用いて計量的に分析し、貿易自由化やタイの比較優位産業(農業および観光産業)の発展が所得分配の改善に寄与するという内容でした。

 後半の講演はNaruetharadhol氏で、岡村裕准教授が座長を担当しました。講演の概要は、ラオスからタイへの労働移動に関する分析で、年齢や性別、教育などの移動者の属性と移動形態(移民、出稼ぎ)の関係を計量的に分析し、その特徴を明らかにするという内容でした。

 二つの講演は併せて2時間を超えたにもかかわらず、活発な議論が交わされ、盛況のうちに終了しました。なお、講演および質疑はすべて英語でおこなわれ、教職員を含めて15名の出席がありました。
 

国際協力研究科 国際開発教務担当 小野田欣也


Chavis Ketkaew氏による講演    Phaninee Naruetharadhol氏による講演
Chavis Ketkaew氏による講演        Phaninee Naruetharadhol氏による講演

2015.07.06

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP