1. 杏林大学トップ
  2. 「語りあおう、つながろう!大学・学生との情報交換会」に参加

三鷹市で開催された
「語りあおう、つながろう!大学・学生との情報交換会」に参加しました。

 地域ケアネットワーク(ケアネット)は、7つのコミュニティ住区を基盤エリアとして、地域の住民団体や関係団体が連携する支え合いの仕組みです。
 ケアネットでは、その地域が持つ「福祉力」を生かした企画で取り組んでいます。共通課題である「新たな担い手の発掘」のため、近い将来社会の担い手となる学生に焦点をあて、大学生と各ケアネットの構成員が情報や意見交換を行い、お互いの事を知り合う場として12月9日(土)三鷹市市民協働センターに於いて、三鷹ケアネット合同事業が開催されました。
 本学からは、保健学部生(後藤太一くん、山辺航くん)、総合政策学部生(百岳彩さん、佐藤光代さん)、外国語学部生(倉茂ほのかさん、楡井希望さん)の6名が参加し活発な意見を交換してきました。
 参加学生の倉茂ほのかさんから「地域の方々が学生連携についてどのように考えているのか、求めていることや不安、相互のミスマッチを理解することができました。例えば学生にとっては当たり前に思えた内容でも、地域の方にとっては違う思いがあったりするなど、地域活動をする際には細かい打合せや相談をしてお互いを理解する必要があると思いました。また自身の活動について振り返る機会となり、学んだことや感じたことを整理することができました。」と、友好を深めることができた感想を寄せてくれました。
 参加者のアンケートからも、今後も情報交換の場を開催した方が良いなどの回答が多く寄せられ、お互いのニーズを理解しあえる有意義な機会となりました。

2017.12.9
地域交流課

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP