1. 杏林大学トップ
  2. 外国語学部生が考えたトイレ企画が、アトレヴィ三鷹のトイレで展開!

外国語学部生が考えたトイレ企画が、アトレヴィ三鷹のトイレで展開!

 ㈱アトレと外国語学部の古本ゼミ生5名(佐々木美柚さん、山本晴菜さん、高津戸勇貴さん、村中沙妃さん、山下健さん)が協働でトイレ企画を考案し実現しました。学生はトイレを利用して頂くお客様に“快適な空間の提供”と“アトレヴィ三鷹のPR”が推進できる企画を提案するため、トイレの研究と市場調査を幾度も重ねて実現に至りました。

実施日と学生の感想を紹介します。
【折り紙占い】1月11日(木)〜1月21日(日)
【感 想】折り紙占いを利用してくださった方に喜んでもらえた事が、この企画を行ってよかったと思える瞬間でした。折り紙500個を準備したりPOPの作成など、簡単に行えるものではなかった分、利用者に楽しんでもらえて本当に良かったです。
【QRコードクイズ】1月11日(木)〜1月28日(日)
【感 想】「QRコードを読み込んでクイズ」を実施しました。クイズの内容は三鷹市に関係したものでした。課題もありましたが、今後に活かしていきたいです。
【トイレットペーパーの芯アート】1月18日(木)~2月18日(日)
【感 想】
「見た人が真似したくなるような芯」「ちょっとフォトジェニックな芯」「アトレの雰囲気にあった芯」をイメージして立体額に芯をアートしました。

【全体的な思いと感想】
 ここに至るまで平坦な道のりではありませんでした。お金をかけず斬新なアイディアが欲しいという要望を受け、私たちは身の回りの全てにアンテナを張りながら常にヒントを探しながら生活をしました。このとき、アイディアを出すことの難しさを痛感しました。でも、企画が決まり、準備をしているとき「トイレを訪れた人がきっと喜んでくれる。」と思うと大変な作業が希望に変わり、楽しめるようになりました。実施してからは、実際に折り紙占いを手に取って帰って下さる姿を見て《やってよかった》と思いました。私達にとっては大変貴重な経験となり、利用者の皆様には一味違ったトイレを経験して貰えた活動となりました。
 また、㈱アトレの担当者の方から芯アートについて「可愛らしいアートでトイレ内が少し華やかになったみたいで嬉しいです!」とコメントも頂きました。三鷹駅改札外の2階と5階の女子トイレで『芯アート』展示中です。

2018.2.5
地域交流課

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP