1. 杏林大学トップ
  2. 日本がんサポーティブケア学会学術集会にて発表 

日本がんサポーティブケア学会学術集会にて発表 

2018年8月31日~9月1日 福岡国際センター

これからのがん医療の方向性を示す「がん治療と支持・緩和療法の統合を目指して
~エビデンスに基づいたがんサポーティブケア」とし、17の専門部会による発表・議論が行われました。今年は、昨今マスコミでも取り上げられ話題となっております“Advanced Care Planning(ACP)についてのセミナーや「患者はどんな情報を望んでいるかー患者と医療者のコミュニケーションを考える」と題しました市民公開講座も開催され、がん患者さんやそのご家族、また一般医療者に開かれた学術集会となりました。
 当CCRC研究所所長・長島文夫は、高齢者がん治療部会長であり、部会会議の座長を務めました。超高齢社会のため、がん患者の高齢化は進む一方であり、同じ暦年齢でも健康状態は大きく異なっています。様々な状態の方への手術、化学治療、リハビリ等に関して、医師、薬剤師、看護師、栄養士の方の取り組みについてポスターセッションが行われ、活発なディスカッションがなされました。

杏林CCRC研究所 研究員が発表いたしました。
◆Gembitacine base の化学治療を行った高齢者膵がんにおける有害事象と高齢者機能評価について (北村 浩)
◆海外高齢者がん診療ガイドライン活用の工夫 (前野 聡子)

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP