1. 杏林大学トップ
  2. 岩手県「復興創生インターンシップ」の相談会を実施しました

岩手県「復興創生インターンシップ」の相談会を実施しました

 6月27日(木)「復興創生インターンシップ」の相談会を実施しました。杏林大学では、2015年度より岩手大学の『地(知)の拠点大学による地方創生推進事業』に参画し、首都圏大学として地域における雇用創出やインターンシップの促進に力を注いでいます。今回の相談会には、「パソナ東北創生」のコーディネーターをお招きし、岩手県釜石市での「復興創生インターンシップ」について学生から寄せられる様々な質問に答えていただきました。また、昨年度3月にインターンシップに参加した先輩学生も出席し、実際に体験してみての感想や失敗談などを話しながら、実践型インターンシップについて丁寧に紹介してくれました。
 「復興創生インターンシップ」は、通常のインターンシップよりも長い期間(約1か月)で現地活動を行います。その上、社員の方々と同じように業務に臨む姿勢が求められるため、「やってみたいけど難しそう……」とためらってしまう学生は少なくありません。「パソナ東北創生」では、複数回にわたる面談で学生の抱える不安や疑問を解消しながら、インターンシップを通して学生が大きく成長できるよう、様々な面でサポートして下さいます。また、受け入れ先までの交通費や滞在中の宿泊費用の補助を受けることが出来るので、本学のような首都圏大学に通う学生でも安心してチャレンジすることが可能です。
 杏林大学では、これまで培った「地域社会の拠点」の実績をもとに、今後もこのような地方創生を担う人材育成のための取り組みを推進していきます。


2019.7.1
地域交流課



1対1で、納得いくまで相談。先輩の話も参考になる!

1対1で、納得いくまで相談。先輩の話も参考になる!

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP