1. 杏林大学トップ
  2. オリンピック・パラリンピック2020大会に向けて ~「地域と大学」羽村市の取り組みについて学ぶ~

オリンピック・パラリンピック2020大会に向けて ~「地域と大学」羽村市の取り組みについて学ぶ~

 6月28日(金)「地域と大学」の第12回目の授業を実施しました。今回は杏林大学の連携市である羽村市より2名の職員をお招きし、市の概要と、2020年に開催されるオリンピック・パラリンピックに向けた取り組みについてお話していただきました。
 羽村市において市民の機運醸成事業として開催される「1年前イベント」では、パラリンピックの公式種目である「ボッチャ」を体験できるように、専用のブースが設置されることになっています。この取り組みは昨年度も「2年前イベント」として実施され、本学保健学部の一場友実先生の協力のもと、学生ボランティアも参加して、大学と羽村市の双方にとって重要な活動の1つとして位置づけられています。
 このような取り組みの1つ1つを「レガシー」として大会終了後も残していくために、学生たちは事前学習やグループワークを通じて「レガシーの活用案」を作成します。それぞれが作成した案は、7月12日(金)の授業で発表する予定です。在学中にオリンピック・パラリンピックの開催を体験できる学生たちにとって、今日学んだことを十分に活かしたプレゼンをしてくれるよう期待しています。


2019.7.1
地域交流課

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP