1. 杏林大学トップ
  2. 4/1 台湾の長榮大学健康科学学部の先生と修士課程の学生が杏林大学を訪問

4/1 台湾の長榮大学健康科学学部の先生と修士課程の学生が杏林大学を訪問

 4月1日に、台湾の台南市にある長榮大学健康科学学部医務管理学科の張晴翔助理教授とその修士課程の学生、合計17人が八王子キャンパスに来訪しました。今回の訪問は、高齢化社会への対応に関する意見交換と高齢者施設を見学することが主な目的とのことでした。
 

 歓迎の挨拶と自己紹介に続き、総合政策学部の岡村裕准教授が日本の介護保険制度の概要について説明をしました。その後、保健学部の片桐朝美講師が介護保険制度の課題について解説をしました。台湾でも2年後に介護保険制度が導入されるということで、みなさんとても熱心に聞いていて、活発な質疑応答が行われました。

 昼食後、八王子キャンパスの近くにある介護老人福祉施設ファミリーマイホームを訪問し、施設を見学しました。とりわけ施設にある様々な設備・機器の使い方や、施設の医療体制に関する質問が集中していました。ここでも高齢者介護問題への関心の高さがうかがえました。

総合政策学部教授 北島 勉
2014.4.4.

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP