1. 杏林大学トップ
  2. 参加した学生たちの感想はこちら

参加した学生たちの感想はこちら

田村 優
 今回初めて大使館の教育部を訪問させていただきました。およそ一時間に渡り、日中交流の歴史について詳しくお話を聞いて、新しい発見をするとともに、自分自身がもつ中国に関する知識の少なさを思い知らされました。 そして、今まで私は、日本は中国から文字や食料等、与えられてばかりだと思っていましたが、日本が中国にもたらした影響も少なからずあるという事を知ることができて嬉しかったです。今日の体験を通して感じたのは、現在、日本ではメディアによって、中国に対するマイナスのイメージが強くなっていますが、それが中国の全てではない事を多くの人に知ってもらいたいということです。


大類健吾
 今回、中国大使館教育部を訪問し、貴重な時間を過ごすことができた。胡志平公使参事官の話を聞いて中国と日本が90年代から青少年の数千人規模の大交流を行うなどの面でも友好関係を築いてきた事を知り、昨年、私が参加した大学生訪中団もその流れをくむ事業であったと知って、改めて訪中団に参加できたことを誇らしく思った。
長い間、日中間で文化交流を行いお互いの国や文化の発展を加速させていった。報道等ではネガティブな側面だけが目立ってはいるが今回大使館に直接足を運び聞いた話は何よりも確実性があると感じた。もっと自分と同じ様な世代の若者達に今回の様な話を聞いて貰いたいが、この様な機会は少なく今回参加できたことを非常に嬉しく感じる。胡志平公使参事官もとても気さくな方で我々を快く歓迎して下さったこと、自国に対して確固たる意見を持っていることが印象に残った。これからもこの先の日中間の問題に常にアンテナを張っていたいと思う。そして使用言語が中国語だったことにより聴き取れない単語が目立ち今後の中国語学習の課題も残った訪問だった。


小林惠
 11月25日、中国大使館の教育処へ訪問をさせていただくことができた。迎えて下さった大使館の公使参事官のお話は大変興味深いものでした。お話は全て中国語でされていたので必死でメモを取りながら聞いていました。日中間の交流の始まりまでさかのぼり、中国と日本、互いに与えた影響や歴史、領土問題等日中友好の歴史だけでなく関係が冷えていた間のお話などもしてくださり、メディアで報道されているマイナスな面だけでもなく、ただ良い面ばかりでもなく日中関係のリアルなお話を聞くことができました。Q&Aでは学生側の質問に懇切丁寧に答えていただきました。中国人留学生のした質問への答えの中で、大使館が普段何をしているか、どのような部署があるかをはじめ、大震災の時の大使館の対応、大使館で働くにはどうしたらいいかなどなかなか知る機会のないことを聞くことができました。普段大使館に行くこと自体あまりない上に、今回のように公使参事官に直接お会いしてお話できることなどありえないことです。大変貴重な経験をさせていただきました。本当にありがとうございました。


花田悟
 11月25日に中国大使館を訪れて、大使館の方とお話をしました。
やはり中国大使館の方は、中国の歴史に関しても豊富な知識を持っており、中国に関する歴史を全て記憶しているのかと感じました。歴史だけではなく教育、留学生、政府、日本と中国の外交問題についても話していただき、中国大使館が中国と日本についてはジャンルに関係なく様々な問題と関わっているのだと知りました。私は以前から尖閣諸島問題について興味がありました。以前は尖閣諸島問題に関して多くのメディアが取り上げていました。しかし最近では問題がないのかもしれませんが、以前よりも尖閣諸島問題の話題は少なくなりました。この件に関して私は疑問があったので質問しました。それに対して、「両国政府はこの問題について棚上げということで国交回復時の1972年に合意をした経緯がある。後のより賢い世代に任せようということだ。当面はまず経済から関係改善をはかることで進めたらよい。」と話して下さいました。話を聞いていく中で、中国大使館は日中関係において重要な役割を担っていると感じました。そして、その役割は大変で非常に神経を使う仕事だと思います。私は中国大使館の方々の話を聞いて、日中関係のスペシャリストが揃った集団であると同時に、そのような方から話を聞けたことを、とても光栄に思いました。


章丹
 今日は大学の仲間たちと一緒に大使館の教育処に行きました。初めて大使館に行って、道中ちょっと緊張しました。大使館に着いたら、まず着席して、ご担当の公使参事官を待ちました。とても優しい方でした。参事官はまず日本と中国の歴史は「一衣带水、源遠流長」の特徴があることを述べて、次は中日両国の歴史を説明して下さいました。参事官の説明は、大変勉強になりました。いつも言語ばかり勉強してきた私は実に中日両国の歴史はほとんど分かっていませんでした。歴史を理解した上で、これから日中両国の人々の行動、マナーについてより深く理解することができると思いました。冒頭のお話の後、参事官は私たちの質問に答えて下さいました。私は「大使館のことはよく知らないのですが、どのような役割があって、どんな部門があるのですか」と質問しました。参事官のお答えによって、大使館は日本に滞在中の中国人の安全を保障するため、また、日本に滞在中の中国人の利益を求めるため、日本側に相談して、政策を作る役割があること。そして、商業を促進する商業部、文化交流を促す文化部、また、使館部、教育部、技術部などいろいろな分野もあることがわかりました。大使館があれば、私たちの留学生活が本当に安心できるのです。今日の大使館ヘの訪問は私にとって非常に貴重で、忘れがたい体験でした。またチャンスがあれば、もう一度行きたいです。


崔英楠
 11月25日の午後、大学の交流プログラムに参加して、中国大使館の教育處を訪問しました。大使館の方々と2時間以上もお話をして交流しました。
 公使参事官が主に日中交流の歴史と近現代の発展を話して下さいました。日本と中国は同じ文化圏で、文字で記録が確認できる範囲だけでも二千年間もの交流の歴史があります。遣隋使、遣唐使の規模はとても大きかったこともわかりました。今の日本の年号も中国の『礼記』という本の中から選ばれたそうです。日本と中国のように距離だけではなく、文化の交流も長くて深い国は世界でも珍しいです。鑑真和尚の経歴も紹介していただきました。鑑真和尚は困難な状況にも関わらず、何回も来日を試みました。最後に失明しても、諦めなかったです。仏教を伝えるだけではなく、食糧の種や医薬品も持ってきました。そのため、日本では、大正時代前に、薬袋には、鑑真和尚の肖像が付いていたそうです。鑑真和尚の事績にすごく感動しました。
 中国の清朝時代には、日本は大体江戸幕府時代でした。両方とも鎖国の政策を行っていました。その後、中国の多くの変革が失敗し、半殖民地の道に行きました。日本は明治維新を通じて、近代化を進めました。そのあと、日本と中国の間も戦争があって、関係も悪くなりました。70年代には、中国の改革開放の始めの時、日本は多額の資金と多くの人材で支援して下さったことを中国側はずっと感謝しています。現在の日中関係はまだ幾つも問題があっても、経済的な交流は大規模です。
 日本と中国は多くの繋がりがあって、お互いに理解と認識を深めないとすごく残念なことだと思います。これからの良い日中関係を願っております。今回の訪問を通じて、日本と中国の間の様々なことを勉強しました。本当にありがたい機会でした。大
学のこのプログラムと、中国大使館の方々に感謝を申し上げます。


侯昭康
 氷ができそうなほど寒い日々が続いているにもかかわらず、中国大使館教育処の正門をくぐり、久しぶりの中国語を耳にした途端、心の中には何か溶けていくような気がした。
 胡志平公使参事官は1時間ほどにわたり、暖かい言葉で中日両国の友好交流の歴史を振り返ってくれた。「親魏倭王」卑弥呼が魏の国から金印をもらったことから、阿倍仲麻呂をはじめとする遣唐使が活躍した時代へ、また六回にわたる努力を重ね、ようやく日本の地を踏んで、仏教などを広めた鑑真和上。さらに近代に入り、東アジアに戦火が及んだ歳月から、1972年の日中国交正常化、それから両国関係は紆余曲折を経て、今日に至った。両国は切っても切れない絆が結ばれているなと改めて確認した。
 そして、質疑応答に移り、激甚災害が起きた際に、中国人の安全確保のため、大使館側がどういうような役割を果たしているのかという質問に対し、胡参事官は2004年の中越地震や2011年の東日本大震災、そして今年の熊本地震が発生した際にも、大使館は早急に対策本部を設置し、在日中国人の安全に万全を期してきたと答えてくれた。
 国が支えてくれる私共留学生は日本で安心に暮らせることに心から感謝したい。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP