1. 杏林大学トップ
  2. 地方就職についての講義と意見交換会を実施。

地方就職についての講義と意見交換会を実施。

 12月22日(金)総合政策学部3年生対象のキャリア開発演習Ⅱの授業にて、岩手県よりNPO法人wizの八田浩希氏を招聘して、実践型インターシップの説明会が開催されました。
講義は地域活性、復興・地方創生を交えた、地方就職に関する内容と、2018年春季に実施するインターンシッププログラムの情報提供をして頂きました。講義終了後、地方就職に興味を持つ学生も出るなど、学生にとっては刺激のある内容となりました。

 また、12月26日(火)には地方就職講座&内定者座談会が開催されました。
 座談会には出身地へUターン就職を決めた総合政策学部と外国語学部の4年生を2名お招きし、地方就職に興味を持っている学生4名が参加して活発な意見交換が行われました。
 参加学生からは、東京に住みながら地方での就職活動を展開する際に困ったことや苦労したことなどの質問が寄せられました。一方、4年生の先輩学生からは、キャリア系授業を有効活用したことや、一つの県内でも文化や生活習慣が地域によって異なる為、就職先の地域性も考慮した方が良いなどのアドバイスがあり有意義な機会となりました。
 今回の座談会で、地方には都会には負けない地域に密着した企業・産業が多数存在していることや、暮らし易さやがある事の理解を更に深めることができました。

キャリア開発演習Ⅱの授業

キャリア開発演習Ⅱの授業

NPO法人wizの八田浩希氏

NPO法人wizの八田浩希氏

地方就職講座&内定者座談会

地方就職講座&内定者座談会

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP