1. 杏林大学トップ
  2. 1年生必修科目『地域と大学』が今年もSTARTしました

1年生必修科目『地域と大学』が今年もSTARTしました


 4月5日(金)井の頭キャンパスにて、医学部・保健学部・総合政策学部・外国語学部の1年生全員が学ぶ必修科目『地域と大学』が始動しました。
 本授業は、2年次以降、自らの専門分野を学びつつ、その知識をもとに本学が連携している三鷹市、八王子市、羽村市などの自治体における地域課題に取り組んでいくための準備として、地域における大学の役割、地域の諸問題、地域での学び方について、講義とグループワークを通じて主体的に学んでいくものです。
 第一回目の授業は、大瀧学長からのご挨拶をもって始まり、古本地域交流推進室長から、本学におけるこの科目の位置づけや、「『地域に学ぶ』とはどのようなことを意味するのか」等の説明がありました。次週からは、座学だけでなくグループワークやフィールドワークを通じて、地域の現状や課題をみずから発見していきます。4学部すべての1年生が学ぶこの授業を履修することで、その後の学生生活の基盤となるような経験を積んでいってくれることを願っています。

2019.4.15
地域交流課

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP