1. 杏林大学トップ
  2. 平成28年度 日英中トライリンガルキャンプを実施

平成28年度 日英中トライリンガルキャンプを実施

 3月25日(土)〜26日(日)、多摩市の多摩永山情報教育センターにおいて、杏林大学 日英中トライリンガルキャンプが一泊二日で実施され、高校生21名、高校の教員2名、本学在学生13名(チューターとして参加、うち5名は留学生)、本学教職員7名が参加しました。
 このキャンプは、平成26年度に本学が採択された文科省『大学教育再生加速プログラム(高大接続)』の取組の一環として行われる短期集中プログラムであり、留学経験者や海外留学生を中心とする外国語学部の学生と国際志向の強い高校生とが学年や学校の枠を超えて交流し、日本語・英語・中国語の重要性を再確認することを目的としています。
 初日は京王線、小田急線の永山駅南口に集合し、徒歩で多摩永山情報教育センターまで向かいました。
 到着後すぐ演習室に移動し、高校生はA〜Fの6チームに分かれ、北村准教授より、2日間の日程のオリエンテーションを受けました。説明は全て英語で行われ、生徒たちは少し緊張した面持ちで聞き入っていました。その後外国語学部の藤田助教より、中国語の挨拶や基本的な表現を学び、生徒たちはその場で大きな声を出して練習し、中国語特有の四声を体験していました。

オリエンテーション

オリエンテーション

中国語に親しむ

中国語に親しむ

留学生に英語で質問

留学生に英語で質問

 そしていよいよ初日の大きなセッション、中国人留学生への英語を使ったインタビューの開始です。高校生たちは、各チーム毎に配置された留学生に「中国での高校生活について」英語でインタビューし、日本の高校生活との違いについて時間をかけてパワーポイントにまとめ上げていきました。その際、側にはチューターである本学学生がチーム毎に付き、適確なアドバイスを加えていました。そして、この作業は、夕食後も続けられました。 

発表用資料の作成

発表用資料の作成

懇親会で和む

懇親会で和む

 二日目は、朝食後、発表用パワポの最終確認を行った後、チーム毎に英語でプレゼンしていきました。各班のピアチューターの挨拶を皮切りに、高校生全員が自分の持てる英語力を駆使してプレゼンし、なかなか見ごたえのある発表ぶりでした。
 発表後二人の高校教員から色々な英語の質問が浴びせられましたが、高校生たちはそれに怯むことなく堂々と英語で応じていました。

英語でプレゼン1

英語でプレゼン1

英語でプレゼン2

英語でプレゼン2

 最後にこのキャンプに参加した生徒たちから、「中国や香港の留学生への英語のインタビューを通して、文化の違いや生活環境の違いが学べて良かった」、「もう少し中国語を学べる時間を増やしてほしかった」、「プレゼンの時間だけでなく、何かのトピックについて皆で英語で語れるような時間を作ってほしかった」等の感想が聞かれました。
 杏林大学では、こうした参加者の声を反映し、今後さらに内容の充実したキャンプを開催してまいります。


2017. 3.31
(高大接続推進室)

記念撮影

記念撮影

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動