1. 杏林大学トップ
  2. 外国語学部 おもてなしボランティア「英語&観光ワークショップ」を実施

外国語学部 おもてなしボランティア「英語&観光ワークショップ」を実施

 外国語学部・倉林ゼミナールと野口ゼミナールは、12月16日(土)午後に井の頭キャンパス「交流プラザ」を会場に、おもてなしボランティア「英語&観光ワークショップ」を開催しました。このイベントは、杏林大学の「地域交流活動支援事業」の支援を受けた地域交流活動で、訪日外国人旅行者の増加と3年後に迫る東京オリンピック・パラリンピック2020に向けて、東京を訪れる外国人を想定した(1)災害時の英語対応、(2)東京の新たな魅力の発見、の2点をテーマにした、現役大学生による中高生向けワークショップです。当日は、都内の中学校、高等学校などに通う生徒ら13名が参加しました。すべてのプログラム終了後には、参加者全員に参加証が手渡されました。
 野口ゼミナールの学生が担当する第1部「東京観光の新たな魅力の発見」では、5つのグループに分かれて、それぞれ「食べもの」「飲みもの」「雑貨」「スポット」「レストラン」をテーマに話し合い、ターゲット、セールスポイント、売り方について模造紙にまとめました。最後に各グループがプレゼンテーションを行いました。
 倉林ゼミナールの学生が担当する第2部では、災害時に訪都中の外国人とコミュニケーションを取るための「やさしい英語」表現をグループワーク形式で学びました。グループワークで使用したテキストは、「ことばの通じない国で被災した場合の身の安全」を中心に、倉林ゼミナールの学生たちが独自に編纂したものです。参加した中高生たちは、簡単な表現でここまでコミュニケーションが取れることが理解できたようです。
 今回のイベントおよび教材作成等の事前準備、新宿・新大久保エリア、谷中・根津・千駄木エリアでの2回のフィールドワークは、地域交流活動を通じた教育活動です。本学学生にとっても貴重な経験を得る機会となりました。
 ご参加いただいた中高生の皆さんにお礼を申し上げるとともに、イベント開催に際しご協力いただいた関係各位に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

12月22日
外国語学部
倉林ゼミナール・野口ゼミナール学生一同
倉林秀男・野口洋平

グループワークの様子

グループワークの様子

倉林ゼミのオリジナルテキスト

倉林ゼミのオリジナルテキスト

野口ゼミの司会者

野口ゼミの司会者

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP