ポール・スノードン国際交流センター長が愛媛大学・松山大学を訪問

 11月8日(金)、ポール・スノードン国際交流センター長と地域交流課高大接続推進担当の職員1名が、本学と同じ「文部科学省 大学教育再生加速プログラムテーマⅢ~高大接続(AP)」に採択された愛媛大学と同大とキャンパスが隣接する松山大学を訪問しました。

 愛媛大学とは、AP事業の今年度のお互いの成果を報告し合い、事業終了後の継続内容等について情報交換を行い、松山大学では地方私立大学でありながら、現在も安定した志願者を集めている同大の学生募集方法等について、貴重な意見を伺うことができました。

2019.11.12
〈高大接続推進室〉