都立三鷹中等教育学校生の職場見学、職場体験を実施

 都立三鷹中等教育学校からの要望で、1年生(中学校第1学年相当)の職場見学を令和元年11月12日に、2年生(中学校第2学年相当)の職場体験を11月13日から15日の3日間に渡り、平成28年度から4年連続で、今年も杏林大学井の頭キャンパスの事務部門で実施しました。
 職場見学は4名(男子2, 女子2)が参加しました。オリエンテーションの後、入学センター、高大接続推進室、教務課、学生支援課、地域交流課、キャリアサポートセンター、井の頭図書館、情報センターを見学し、最後に、1日の振り返りを記入し、大学職員が生徒の予め用意した質問に答えました。

 職場体験は3名(全員女子)が参加し、初日のガイダンスの後、キャリアサポートセンター、学生支援課、入学センター、井の頭図書館で、各種作業を体験しました。自転車置き場の整理や受験生向け書類の分類整理作業、PC入力や掲示物の貼付、図書館での書架移動やカウンター受付業務、本のカバーコーティング(ブッカー貼り)など、幅広い仕事を体験し、毎日、仕事の最後には振り返りの記入と大学職員との質疑応答を行いました。
 大学の事務の仕事を通して、「働くとはどういうことか」について、各自が考える良い機会となったようです。

〈地域交流課(高大接続推進担当)〉
2019.11.16

職場見学

職場見学

職場体験

職場体験