1. 杏林大学トップ
  2. 平成30年度介護等体験対象学生向け 介護等体験全体指導が行なわれました。

平成30年度介護等体験対象学生向け 介護等体験全体指導が行なわれました。

介護等体験は、義務教育に従事する教員が個人の尊厳及び社会連帯の理念に関する認識を深めることの重要性にかんがみ、小学校または中学校の教諭の普通免許状の授与を受けようとする者に、障害者、高齢者等に対する介護、介助、これらの者との交流等の体験を行わせるという介護等体験特例法により、特別支援学校や社会福祉施設で実施されるものです。
 11月10日に行われた介護等体験全体指導は、参加学生が班に分かれて担当箇所を他の学生にレクチャーするという、学生どうしの〈学び合い〉の形態をとりました。どの班も、工夫を凝らした資料を作成し、それぞれに力の入ったレクチャーをしてくれました。これからの社会は、障害のある人も障害のない人も、誰もが相互に個性を尊重し合い、それぞれの地域社会の中で共に生きることが求められています。この学習を通して特別支援学校や社会福祉施設について、またそこで学習・生活している方々について深い学びができたと思います。
教員一同、参加学生の介護等体験が実りあるものになることを願っています。

学生発表

学生発表

目を閉じてお金がいくらかを体験している最中

目を閉じてお金がいくらかを体験している最中

学生発表

学生発表

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP