1. 杏林大学トップ
  2. BP履修生・学生が連携!地域活動企画を始動しました!!

BP履修生・学生が連携!地域活動企画を始動しました!!

 高齢社会における地域活性化コーディネーター養成プログラム(BP)履修生(以下、BP履修生)と学生が連携して地域活動を行っていくことを目指し、キックオフとなるワークショップを2018年7月11日(水)実施しました。
 当日は、BP履修生11名、学生8名(保健学部2名、総合政策学部1名、外国語学部5名)、地域交流課職員3名の22名が参加しました。まず、BP履修生と学生の交流を深めるためアイスブレイクを行い、BP履修生から企画の趣旨や昨年度実施した「みたからさんぽ(※)」の紹介を行った後、「身近な農業と高齢者のコラボの可能性」をテーマに4グループに分かれワークショップを行いました。
 ワークショップでは、BP履修生と学生が混合グループとなって、テーマについて意見やアイディアを交わしました。BP履修生の多くは三鷹に在住している人が多く、三鷹の歴史や文化など、学生にとっては初めて知ることも多く、関心をもつきっかけにもなりました。学生からは地域の人と関わるきっかけづくりとして、大学を活用する提案や、直売所で販売している野菜を紹介する冊子の作成など、自身がやってみたいと思うアイディアが多数出されました。
 参加した学生からは、「自分にはない発想に触れることができて面白かった」や、「みんな積極的に意見を出していたので、考えたことを伝えやすかった」などの声がありました。さらに今後に向けては「自分の意見をしっかりと伝えていきたい」、「参加ではなく、活動の中心となって関わっていきたい」と意気込みを語りました。

2018.7.13
地域交流課


※平成29年度に、生きがいづくりコーディネーター養成講座履修生、学生、地域の企業・団体と連携して開催した地域の魅力に触れるさんぽ企画。テーマは三鷹の「農」で、市内の農家さんにも協力頂き、江戸東京野菜ののらぼう菜の収穫体験、農家さんによる“農家ごはん”の提供など、地域のスポットを巡るだけでなく、体験型の企画を実施した。

昨年度の活動紹介

昨年度の活動紹介

BP履修生と学生が一緒になってワークショップ

BP履修生と学生が一緒になってワークショップ

グループでまとめた意見を発表

グループでまとめた意見を発表

今後の活動にご注目ください!

今後の活動にご注目ください!

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP