「三鷹市地域ケアネットワーク合同事業」 学生がポスターセッションで活躍しました♪

12月7日(土)三鷹ネットワーク大学を会場に「三鷹市地域ケアネットワーク合同事業」が開催されました。今回はポスターセッション形式で大学と地域の情報交換が行われ、本学からは総合政策学部の藤原究先生と斉藤崇先生のゼミ生が「Mitaka Kichijyoji PROJECT」の活動について発表しました。
「Mitaka Kichijyoji PROJECT」は、2012年に総合政策学部の学生有志によって結成されたボランティア団体で、現在は井の頭キャンパスを中心に、連雀地区、牟礼地区、新川地区などで清掃活動を行っています。2018年にはその活動実績が認められ、三鷹市の環境活動表彰も受賞しています。学生たちは活動内容の紹介、目的、やりがいなどを発表するとともに、今後の活動目標や改善点などについても話しました。この発表は会場内でもとりわけ注目度が高く、立ち見でブースが満員になるほどでした。終了後も興味を持った多くの市民の方が情報交換に訪れていました。
 今回の発表がこのプロジェクトを広めるきっかけとなり、地域社会と学生との交流がより活発になるよう、大学としてサポートしていきたいと思います。

2019.12.10
地域交流課

多くの聴衆で埋まる会場

多くの聴衆で埋まる会場

三鷹市 河村市長

三鷹市 河村市長

総合政策学部生の発表

総合政策学部生の発表