公開講演会「キャッシュレス決済の現状と未来」を実施しました

 2月11日(金)羽村市生涯学習センター「ゆとろぎ」にて、公開講演会「キャッシュレス決済の現状と未来」を行いました。新型コロナウイルスの感染防止策を十分に講じた上で、対面形式で実施しました。
 今回講師を務めたのは、総合政策学部の大川昌利先生。先生は、本学入職以前には日本銀行に勤務されていた経歴をお持ちで、我が国の金融政策を実際に現場で経験されていたという、まさに今回の講師には適任のスペシャリストでした。講演では、日本銀行勤務時代のお話も交えながら、キャッシュレス時代の様々な問題点を分かりやすく解説して下さいました。未来の通貨として期待される「ビットコイン」や、各国のデジタル通貨事情に関しては、参加者の関心もひときわ高まり、どなたも熱心にメモを取っている姿が印象的でした。
 近い将来、日本でも現金を見なくなる時代が到来するかもしれません。国民として、消費者として、キャッシュレス化の動きには今後より一層注目していく必要があると感じました。


2022.2.14
地域交流課


講演をする大川昌利先生

講演をする大川昌利先生