羽村市×杏林大学 mRNAについて学ぶサイエンス講座を実施しました

 6月25日(土)に羽村市との連携のもと『人類を救うmRNAワクチン』と題した公開講座を実施しました。新型コロナウイルスの感染対策を講じた上で、生涯学習センターゆとろぎにて対面形式で実施しました。
 今回は、保健学部臨床検査技術学科の米谷正太先生が講師を務めました。本学医学部付属病院で検査技師としても従事されている米谷先生は、2020年に新型コロナウイルスが流行し始めた当初から検査業務にあたられており、その現場経験を活かして語られる「ウイルスにどう対応するか」、「ワクチンはどのような働きをするか」は、参加した多くの市民を惹きつけました。メインテーマであるmRNAワクチンについても、ポイントを絞った分かりやすい講義をして下さり、2時間があっという間に感じられるほど充実した学習機会となりました。
 ワクチンへの理解を深めると同時に、感染症にかからないだけでなく「感染させない」ための有効な手段の一つとして、ワクチンに正しく向き合うことの重要性を学ぶ機会となりました。



2022.6.28
地域交流課

講師の米谷先生

講師の米谷先生

会場の様子

会場の様子