• 杏林大学トップ
  • お知らせ
  • 公開講演会「災害に備えるまちづくり:東日本大震災の教訓と視座」を実施しました【録画あり】

公開講演会「災害に備えるまちづくり:東日本大震災の教訓と視座」を実施しました【録画あり】

 11/12(土)に井の頭キャンパスにて杏林大学地域連携センター主催のもと、公開講演会「災害に備えるまちづくり:東日本大震災の教訓と視座」を実施し35名の方が参加しました。
 講演では本学と連携協定を結ぶ東松島市・石巻市の職員の方をお招きし、震災の被害とその復興についてお話しいただきました。さらに東日本大震災を経て今後どのように地域・個人で対策するのかを語られました。また被災地支援に取り組んでいる認定NPO法人「難民を助ける会」の方にも災害支援の実情をお話しいただきました。
 講演の後のパネルディスカッションでは事前にいただいた質問にパネリストから回答があり、震災時の生活や対策などをお話しいただき、参加者からは「日頃の備え、訓練の繰り返しが重要」「防災に関する行動を小さい事からでも始めたい」などの感想が寄せられ、防災の意識をより深めていました。

 今回ご都合がつかず参加できなかった方は、以下URLから講演会の録画を見ることができますので是非ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=t-q3_6WvutM&t=3652s

公開講演会「災害に備えるまちづくり:東日本大震災の教訓と視座」講演者・パネリスト
・大久政信氏(東松島市復興政策部復興政策課課長) 
・阿部雄大氏(石巻市復興企画部SDGs移住定住推進課課長補佐)
・木村民男氏(震災時、東松島市教育長・元石巻専修大学教授)
・野際紗綾子氏(認定NPO法人「難民を助ける会」東京事務局)
・大原真一郎氏(認定NPO法人「難民を助ける会」仙台事務所)
・岡崎新太郎氏(三菱地所グループ防災倶楽部責任者)

2022.11.26
地域交流課

大久氏の講演

大久氏の講演

パネルディスカッション

パネルディスカッション