大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】 外国語学部で入学前のスプリング・セミナーを実施

【トピックス】 外国語学部で入学前のスプリング・セミナーを実施

外国語学部では、昨年12月に推薦入試とAO入試合格者を対象にセミナーを実施して、入学前の事前学習の課題を与えましたが、さらに3月24日から28日までの5日間にわたって、前記2つの入試の合格者全員の参加に加えて、一般入試とセンター試験利用入試合格者に対しても任意参加を呼びかけてスプリング・セミナーを実施しました。

入学前で引越し、その他多忙な時期にもかかわらず、参加者は推薦・AO入試の合格者約90名と一般・センター試験の合格者約50名のあわせて約140名に達しました。今回初めての取り組みであり、教員11名が手分けをして授業や演習にあたりました。

参加者にはまず、大学の90分授業に慣れてもらうため、高校より長めの60分に授業時間を設定し、1日4時限の授業や演習に取り組んでもらいました。
授業科目は英語と国語で、事前学習の課題の復習と解説などが行われました。
演習はグループワークとして「大学時代に取り組むべき課題・目標」を数人で話し合い、その内容をPowerPointにまとめて発表してもらいました。
この他に「日本語について」「英語の辞書の解説」などの講義を受け、その内容についてのレポート作成も行うなど盛りだくさんの内容でした。

参加者には少し戸惑いが見られましたが、アンケート結果を見ると「(高校を卒業してから)不規則な生活を送っていたので朝起きるのがつらかった」「授業に集中するのが難しかった」という半面、「慣れるまで大変だったけれど、すぐに友達ができたので楽しかった」「大学生になったらどんなことをやるのか体験できてよかった」などの感想が寄せられるなど概ね好意的に受け止められているようでした。

(外国語学部導入教育委員会)


2008.04.04 

このページのトップへ