1. 杏林大学トップ
  2. 国際医療協力の講演で来校、タイの大学副学長が理事長を表敬訪問

国際医療協力の講演で来校、タイの大学副学長が理事長を表敬訪問


 国際医療協力に関する講演のためタイ国・ラチャパットラチャナカリン大学のクンワデェ副学長が4月9日(月)本学を訪れ、松田博青理事長を表敬訪問しました。

 タイ国・ラチャパットラチャナカリン大学のクンワデェ副学長は地域看護学が専門で、タイ国健康基金からの助成を受けて、タイ中部になるチャチェンサオ県の自治体において地域づくりを通した健康増進プロジェクトを進めています。

 今回の同氏の訪問は、同地での健康な地域づくりを進めていく上での理論と実践について講演してもらおうと、本学国際協力研究科国際医療協力専攻が招いたもので、講演に先立って9日夕、三鷹キャンパスに松田博青理事長を表敬訪問しました。

 この中でクンワデェ副学長は記念品の皿を手渡し、招待への謝辞とともに、タイ国内では県単位で保健医療システムの整備が進みつつあることや、ほぼ国民皆保険体制が確立したことなど、タイにおける医療・保健分野の実状を語りました。また、タイにおいても人口の少子高齢化が進んでいることから、その先進例である日本の医療制度や介護制度などについて、同大学の教員や大学院生などが理解を深めるための共同研究の実施や研修生の受け入れに関する要望がありました。これに対して松田理事長は「教員や学生の国際交流は本学の教員や学生にとっても良いことである」と述べ、今後お互いに協力し合うことを申し合わせました。


 

 

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP