1. 杏林大学トップ
  2. 3年生を対象に就活トライアルイベントが行われました(本年度2回目)

3年生を対象に就活トライアルイベントが行われました(本年度2回目)

総合政策学部は、実際の就職活動を想定したプログラム「第2回 就活トライアル」を11月10日(土)に3年生を対象に実施しました。
本年6月に実施した「第1回 就活トライアル」に続き、3年生は2回目のプログラムを体験することで、12月から解禁される就職活動に備えます。当日は次のプログラムを体験しました。


(1)エントリーシートの作成および提出 〜企業への正しいアクセスの仕方を学ぶ〜
学生はすでに、9つの業種から志望する企業を選び、エントリーシートを作成した上で、郵送による提出を済ませています。
      


(2)模擬面接とそのフィードバック  〜面接官からの直接指導〜
実際の企業の人事担当者18名の方にご協力いただき、模擬面接を行っていただきました。面接の後には、企業担当者の方から、各学生に印象や注意点をその場でフィードバック。本番の面接にはない貴重な指導の機会となりました。
          

(3)グループ・ディスカッション 〜経験を積み対応力を身につける〜
学生6名程度のグループによるグループ・ディスカッション。経験があるとないとでは大違いです。何回かの実際の経験によって、学生らはさまざまな時事的なテーマに対応するコツをつかんでいきます。

      

(4)時事解説ミニ講座およびマナー講座 〜就職活動に必要な基本・基礎を学ぶ〜
「身だしなみ」や「マナー」を学ぶ講座は、外部講師の方に担当いただきました。また、総合政策学部教員による時事解説講座は、「政治経済」「国際ビジネス」「法律と政治」など、多岐にわたる内容から構成されています。
      

 
このような一連の「就活トライアルイベント」のプログラムに対する学生たちへのアンケート調査からは、大部分の学生が「満足」と回答していました。また、上記以外のプログラムとして、キャリアサポートセンターによる就職ガイダンスの中では、SPIの模擬試験なども体験しています。
今後、実際の就職戦線が始まるなかで、さらにどのような就活支援ができるかを考えていきます。

総合政策学部
2012.11.27


杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP