1. 杏林大学トップ
  2. “食育への理解を深める”学生ステーション企画「料理教室」を開催

“食育への理解を深める”学生ステーション企画「料理教室」を開催

調理の様子(左)。「塩に代えて牛乳を使えば味を変えずに減塩できる」と調理の工夫を紹介する島教授(右)

調理の様子(左)。「塩に代えて牛乳を使えば味を変えずに減塩できる」と調理の工夫を紹介する島教授(右)

 八王子キャンパスで12月3日(水)、雪印メグミルク(株)食育チーム管理栄養士の新原惠子さんと宮後泰子さんを講師に迎え、「栄養たっぷり乳製品のかんたん!料理教室」を開催しました。この料理教室は、健康で豊かな「食生活」とは何かを学び、食育の理論を理解し技術を身につけることを目的に、学生ステーションが支援して年に2回実施しています。 

 今回も学生から出された企画を実現するため、講師とメニューや講義内容について保健学部 島幸夫教授が調整を行いました。

 当日は、学生38名、教職員3名が参加し、はじめに調理を行いました。メニューは、「ロール串パン」「イタリアンベジタブルスープ」「マスカルポーネとバナナのドルチェ」の3品で、どれも20分ほどで調理できるものです。新原さんから、調理の手順などについて説明を受けたあと、学生たちは楽しそうに調理作業に取り組みました。

 続いて、新原さんによる乳製品や健康に関する講義が行われ、カルシウムの働きや摂取することの重要性、骨を丈夫にするためのポイントなどについて、とても分かりやすく解説していただきました。

 参加した保健学部の学生は、「調理は楽しかった。とても簡単だったので、これからも作りたい。養護教諭を目指しているので、講義で学んだことをいつか生徒に話してあげたい」と嬉しそうに話しました。

新原さんによる講義

新原さんによる講義

2014.12.12

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP