1. 杏林大学トップ
  2. マルコム教授のウガンダ訪問記

マルコム教授のウガンダ訪問記

 A friend of mine reminded his students recently on facebook that education is a privilege, an opportunity to invest in developing skills. Unfortunately, many students in Japan take their education for granted. Many more are turned off completely: they sleep, chat on line, mix up priorities, etc. Although I am not about to exonerate them for their apathy, I am somewhat sympathetic to their situation. Why?

 最近、私の友人がフェイスブックで、教育は特権で、スキルを開発することに投資をする機会であるということを、彼の学生に伝えました。残念ながら、日本の学生の多くは、教育を当たり前のことと思っています。多くの学生が完全に興味を失っています:(授業中に)寝たり、オンラインでチャットをしたり、優先順位がごちゃ混ぜになっていたり、など。私は彼らの無関心を彼らのせいではないと言うつもりはありませんが、彼らの状況に多少同情的なのです。なぜでしょうか。

 This summer, I was able to continue some research and academic work that I had started before joining Kyorin University, by going to Uganda (with 10 students from Hokkaido, but more on that in another blog).

この夏、杏林大学に来る前に始めていた研究を、ウガンダに行くことで継続することができました(ウガンダには10人の学生が同行しました。他の記事でそのことについては触れます)。

 On weekdays, we went into the Kyebando District of Kampala (a slum area) where we participated in the school life of primary school students at Edinance School. These children, like many Japanese students, must pass exams. If they don’t pass, they cannot matriculate from primary school, and therefore cannot move on to higher levels of education. However, what, in my opinion is as important as passing the exams, is learning for life. Simply, if the children do not learn the material they increase their risk of premature death. Remember that it is possible to pass an exam without learning very much. Learning and study are different. Study is necessary, but it is not sufficient. Both are necessary in the modern world.

 平日は、カンパラのキェバンド地区(スラム地区)にあるエディアンス校の小学生の学校生活に参加しました。子ども達は、日本の多くの学生がそうであるように、試験に合格をしなくてはなりません。もし合格できなければ、小学校を卒業できず、そしてそのため、より高いレベルの教育を受けることができなくなります。しかし、試験に合格することと同じくらい重要なことは、生きるために学ぶということだと思います。学ばなければ、彼らの早死のリスクを高めることになります。多くを学ばずに試験に合格することも可能です。学ぶこと(learning)と勉強(study)とは違います。勉強は必須ですが、それでは不十分です。両方が現代世界では必要です。

A colleague and I have been considering ways to incorporate “stories” into the school teaching-study-learning process, particularly in science (includes health) education. We believed that traditional forms of education (such as learning through stories for life) blended with the post-industrial/technological approach might provide opportunities to improve both learning and test results. This trip to Uganda provided us an opportunity to develop concrete relationships with a primary school in Kampala. It also enabled me (and the Japanese students) opportunities to experience first-hand school life over an extended period (as opposed to a one-day visit), and opportunities to evaluate the “digital animations” (stories) the Japanese students had created based on the Ugandan Primary School Curriculum.

 私は同僚とともに、学校における学習プロセス、特に科学(健康を含む)教育に「お話」を取り入れる方法を検討しています。脱工業的/技術的なアプローチと融合された教育の伝統的な形態(生活のためのお話を通した学びなど)は、学びとテストの結果の両方を改善するであろうと考えています。私達は、今回のウガンダへの訪問で、カンパラの小学校と明確な関係を構築する機会を得ました。また、私や日本の学生達は、一定期間にわたって学校生活をじかに経験できましたし、ウガンダの小学校のカリキュラムをベースに日本の学生達が作ったデジタルアニメーション(お話)を評価することもできました。

エディナンス小学校

エディナンス小学校

キェバンゴ地区の市場

キェバンゴ地区の市場

小学校の創設者(中央の女性)

小学校の創設者(中央の女性)

First a question from the science curriculum: Name the 4 Fs and why are they important. Scroll down.

最初に、科学のカリキュラムからの問題です:4つのFをあげなさい。なぜそれらが大事なでしょうか。答えは下をご覧下さい。

アニメーションを使った学習

アニメーションを使った学習

アニメーションを使った学習

アニメーションを使った学習

小学校 改修前

小学校 改修前

改修後(タイルが敷かれました)

改修後(タイルが敷かれました)

小学校の教室

小学校の教室

子ども達が勉強している様子

子ども達が勉強している様子


 For us in Japan, the answer to the 4Fs is allusive. Fingers, Food, Faeces, Flies! For the children in Uganda understanding of the 4Fs is critical –both for matriculation and for life itself. I use the 4Fs by way of example only, as I could also have asked you to identify the different characteristics of the different insects that carry malaria or sleeping disease or Yellow Fever. Maybe primary school students in Japan should be asked to demonstrate their understanding of O-157 or other infectious diseases as they “kill” children each year. Study needs to be converted to learning - and not for exams alone.

 

教育によりウガンダのHIV新規感染率は低下しました

教育によりウガンダのHIV新規感染率は低下しました

 日本にいる私達にとって、4つのFの回答はわかりにくいでしょう:Fingers(指)、Food (食べ物)、Faeces(大便)、Flies(ハエ)です。ウガンダの子ども達にとって、これら4つのFを理解することは、大学に入学するためにも生活そのものにとっても重要です。私は4Fを例をとして使いました。マラリア、眠り病、黄熱病を媒介する昆虫の特徴を述べてもらうという問題を出すこともできました。日本の小学生に、毎年子ども達が犠牲になっているO-157やその他の感染症をどのように理解しているか示してもらっても良いかもしれません。試験のためだけではなく、勉強を学びに変換する必要があります。

 Results? These efforts are long-term. Nothing happens overnight. That is the problem, as many funding agencies want tangible results quickly. This work needs continual ongoing involvement. We have a school, we have access, but we need support. We did make a difference by being there and working alongside the teachers and the children. We need doctors, nurses, teachers, students, willing hands or any support possible. Check out the pregnant goat for ¥3000!

 結果は?これらは時間がかかることです。一晩では何も起こりません。それが問題です。と言うのも多くの援助機関は目に見える結果を早く欲しいからです。この活動には継続的な参加が必要です。私達には学校があり、そこに行くことが出来ますが、支援が必要です。そこに行き、先生や子ども達と一緒に活動をすることで、ある変化をもたらすことができました。私達には医師、看護師、先生、学生、ボランティア、あらゆる支援が必要です。妊娠しているヤギ(3000円)を見て下さい。

ヤギ:現在と将来の資源、校長と創設者の息子さんと

ヤギ:現在と将来の資源、校長と創設者の息子さんと

子ども達はよく働きます 薪運び

子ども達はよく働きます 薪運び

水くみ

水くみ

薪運び

薪運び

牛追い

牛追い

ウガンダのエリート校(国内の教育にも大きな格差があります)

ウガンダのエリート校(国内の教育にも大きな格差があります)




                                マルコム・フィールド(Malcolm H Field) 2013. 9.29.


To visit the webpage of Prof. Malcolm, click here
マルコム教授のページはこちらをご覧下さい。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP