search

Menu

大学ホーム総合政策学部 入試に関する情報

入試に関する情報

入試について

※入試ガイドにリンクします。

推薦入試

 推薦入試は、総合政策学部を積極的に評価し、第一志望に望む学生を優先的に迎え入れることを目的としており、総合政策学部はこれを重視しています。
指定校制は、高等学校との信頼関係に基づき、高校3年間の学習意欲等について、高等学校側の判断・評価を尊重することで、一定の評定平均値を上回る者につき、入学を許可しています。
公募制は、やはり高等学校側の推薦を重視することにおいては同じですが、評定平均値ではなく、小論文および面接を通じて、その人物、学習意欲、そして基本的な文章能力を判定しています。
また、それ以外にも、特定の資格取得(資格取得者制)に努力した者、あるいはスポーツにおいて努力した者(自己推薦スポーツ制)についても、これを入学後の学習意欲のバロメーターと認め、面接による人物評価を経た上で、入学を判断することにしています。

センター入試

 センター入試は、全国共通の基準に基づき、高校3年間の高い学習意欲の成果を実証した者が、入学を認められることになります。
1月のセンター試験実施前に出願する第I期募集、およびセンター試験受験後に出願する2月の第II期募集は、英語、国語、数学、地歴、公民の5教科の中から得点の高い2教科を選んで、判断します。
第III期募集は、同じく全国共通の基準に基づいてはいますが、3月の段階で、なお大学における勉学に意欲をもっている者に対し、入学後の「一から始める教育」への適性を、語学(英語、国語のいずれか)のみによって判断します。

一般入試

 一般入試は、総合政策学部の基準に基づく入試問題により、過去の学習意欲の成果を、判断します。ここでも、高校3年間の高い学習意欲の成果を実証した者の入学が、認められることになります。
A日程およびB日程では、本人が得意とする科目2科目を通じて、これまでの学習意欲とその成果を実証していただきます。得意科目を頑張った者は、入学後の学習意欲という点において、その資格ありと認めるものです。
C日程では、総合政策学部の基準に基づく入試問題により、3月の段階で、なお大学における勉学に意欲をもっている者に対し、入学後の「一から始める教育」への適性を、語学(英語、国語のいずれか)のみによって判断します。

留学生入試

 留学生については、留学の意思それ自体に学習意欲を認めうるので、主として、入学後の「一から始める教育」への適性を判断することが主な目的となります。
公募制では、必要最小限の日本語能力を、筆記試験および面接を通じて判断します。面接においては、人柄や意欲はもちろん、とりわけ日本語の会話能力を重点的に判断します。
日本留学試験利用入試の場合には、そこでの試験結果を尊重し、面接のみによって、本人の学習意欲に加えて、会話能力を重点的に判断します。

帰国子女入試

 帰国子女にはさまざまな背景をもった人がいます。そこで、人柄、学習意欲、会話能力などについて、入学後の基本的な適性が満たされていることを、面接のみによって確認しています。

編入学・転入学入試

 編・転入の学生は、入学後直ちに専門分野の科目を取得することになるため、1年生の場合よりは高い適性基準を設けなければなりません。それまでの学業成績に加え、出願時の小論文によって、文章能力と入学後の問題意識を確認します。さらに基本能力としての英語の力を判定し、面接によって人柄や学習意欲、問題意識等を総合的に判断します。
協定校推薦の編入学では、短期大学との信頼関係に基づき、基本的にそこでの評価・判断を尊重しています。ただし、出願時に小論文を課すことで、入学後と卒業後に対する問題意識を確認しています。

このページのトップへ

PAGE TOP