1. 杏林大学トップ
  2. 研究・社会活動
  3. 講演会・イベント案内
  4. 公開講演会・公開講座
  5. ピロリ菌と胃がん検診

公開講演会・公開講座

ピロリ菌と胃がん検診


杏林大学医学部特任教授(消化器内科)
橋 信一
(専門:ピロリ菌感染症、胃潰瘍、胃癌、慢性肝炎、肝癌の診断と治療)


日  時:平成28年11月26日(土)13:30−15:00
開  場:13:00
会  場:三鷹キャンパス大学院講堂(2病棟4階)
定  員: 240名
入場無料・申し込み不要、直接会場へお越しください
交通アクセス:こちらから






    ○講演概要
     WHO(世界保健機関)が世界で初めて、「ピロリ菌は胃がんを発症させる細菌である」と公表したのが1994年の事でした。その後、多くの研究が行われ、今では、①ピロリ菌を除菌することで胃がんの発症を予防する(一次予防)、②胃がんになりやすい人を絞り込んで胃内視鏡や胃バリウム検査を行い、胃がんを早期に発見する胃がんリスク検診(二次予防)、が全国で行われてきています。
     毎年5万人の方の命を奪うにっくき「胃がん」、ピロリ菌とのかかわりやその早期発見法につき、わかりやすくご説明してまいります。    


    ○講師略歴
    【職歴】
     1980年 杏林大学医学部第三内科学教室助手
     1989年       同       講師
     1992年       同      助教授
     1993−95年 米国ハーバード大学に留学
     1999年− 杏林大学医学部第三内科学教室教授
     2010年−      同 付属病院  副院長
     2016年       同      特任教授

    【学歴】
      1976年 杏林大学医学部

      >>ドクター紹介ページ


    問い合わせ先: 杏林大学 広報・企画調査室 tel.0422-44-0611




杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動