大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】 外国語学部に「中国語学科・日中通訳翻訳プログラム」が新設されます

【トピックス】 外国語学部に「中国語学科・日中通訳翻訳プログラム」が新設されます

 

■「中国語学科・日中通訳翻訳プログラム」設置

 

杏林大学外国語学部は、2011年度より新たに「中国語学科・日中通訳翻訳プログラム」を設置いたします。本学部で中国語を専攻している学生たちは、これまで「世界中国語コンテスト」に日本代表として3年連続で出場するなど、輝かしい実績を上げてきました。これまでの経験を活かして国際社会で活躍できる「中国語エキスパートの育成」をさらに充実させてまいります。

 



■ゼロから通訳・翻訳レベルまで

 

「ゼロスタートクラス」と「既習者クラス」を併設し、基礎から着実にステップアップするためのカリキュラムを用意します。授業担当者の大半は中国語ネイティブスピーカー・通訳者・翻訳者で、高度な中国語運用能力を養成するための実践的な授業を行います。

 


【設置科目】
「中国語通訳概論」「中国語翻訳概論」「通訳演習」「翻訳演習」

「ビジネス中国語会話」「時事中国語」など

 



■短期から長期までの留学制度の充実

 

交換留学(1年間)、セメスター留学(半年間)、海外研修(1ヶ月間)など多岐にわたる留学制度があり、北京語言大学、北京第二外国語大学、北京外国語大学をはじめとした中国の各名門大学に留学することができます。

 



■中国の政治・経済・文化も学ぶ

 

「中国語コミュニケーション論」「中国経済概論」「日中比較文化論」「中国政治外交論」といった「本格的に中国を知る」ための授業を通し、中国語運用能力を活かしてビジネスシーンで活躍できる人材の育成を目指します。

 



■中国語圏で日本語や日本文化を教えたい

 

中国語圏で日本語学習者が増加しているという高まるニーズに応え、「日本語教員養成プログラム」を併設します。このプログラムを履修することにより、中国語と日本語のプロフェッショナルを同時に養成します。

このページのトップへ