1. 杏林大学トップ
  2. 就職・キャリア・教職課程
  3. キャリア支援プログラム
  4. インターンシップについて

インターンシップについて

インターンシップは、就業のための教育に限定することなく、各学部が目指す総合的な教育の強化につながる、質の高い社会体験を目指します。
また、大学で学んだことが企業でどのように活用できるのかを体験を通して知り、今後の学習効果を高め、更には職業意識の醸成を図ることを目的としています。

インターンシップ企業一覧

No. 企業名 研修内容
1 (株)エービシー商会 商品知識の習得、営業同行
2 オークラフロンティアホテル海老名 飲料サービス、接客、ベットメイク他
3 オリオン書房 書籍販売業務全般
4 角川映画(株) 大道具・美術品の管理研修
5 行政書士法人ヨネツボ共同事務所 行政書士業務の見学、電話応対など
6 (学)杏林学園 各課事務業務
7 川崎市公文書館 所蔵文書の管理、保存業務
8 (株)京王プラザホテル レストランまたはベッドメイク作業
9 三愛病院 事務作業・患者様サービスのお手伝い
10 ソニーファシリティマネジメント株) 総務業務、安全衛生業務
11 (株)TCC 店舗での商品販売、接客業務、陳列演出の補助
12 (財)日本国際フォーラム 研修会の開催、国際会議の開催に伴う補佐
13 ネッツトヨタ多摩(株) ショールームでの営業体験実習
14 (株)武蔵境自動車教習所 営業企画全般、洗車実習、地域社会貢献
15 和幸商事(株) レストラン経営全般の実習
16 (株)シルバービレッジ 介護実習全般
17 八王子市役所 行政運営に関する様々な業務
18 三鷹市役所 各種手続きの受付、市民サービスの提供

インターンシップ体験記

武蔵境自動車教習所 総合政策学部 女子

 私は、平成20年度の夏季休暇時に、2週間の日程で武蔵境自動車教習所でのインターンシップに参加しました。参加した目的は、インターンシップでの経験を、来年の就職活動に生かそうと思ったからです。1週目は、営業体験や企画会議を通して企業の実態を学び、2週目は、地域社会貢献イベントを通し、企業とお客様との関係の重要性を知りました。

 インターンシップで企業の現場を体験したことにより、学生と社会人との違いを知り、今後の就職活動に改めて意欲を持って取り組む姿勢になれたと思います。

角川映画株式会社 総合政策学部 男子

 インターンシップという授業では、マナーや各業界の現状を学びました。最終的な成果として、私は角川映画株式会社で研修をさせて頂きました。私が角川映画株式会社を希望したのは、私自身が「モノ作り」にとても興味があり、その中で映像という分野の「モノ作り」現場を見てみたかったからです。角川映画株式会社では、主にCM撮影をする企業にスタジオを貸し、セット作りなどの業務を請け負っています。私の研修内容は、スタジオの清掃やCM撮影に必要な照明機材の搬入などで、CM撮影を円滑に進めるために必要な仕事であり、地味であるが大切な仕事でした。私は、このインターンシップ研修において多くのことを学びました。特に「社会人としての責任」や「挨拶の重要性」などを学びました。また、研修期間が3年生の9月だったこともあり、本格的な就職活動が始まる前にこのような研修ができ、その後の就職活動の礎となりました。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP