search

Menu

大学ホーム国際協力研究科受験生の方へ研究科長からのメッセージ

研究科長からのメッセージ

研究科長挨拶

国際協力研究科 研究科長 大川昌利

 現代の世界では、価値観の異なる地域との交渉が、より多様化した文化的・政治的背景のもと、止めようもない速さと複雑さをもって展開しています。私たちは、それら激動する国際社会に対し、同時代に生きるものの責任として、どのような貢献をなしうるのでしょうか。

 杏林大学大学院国際協力研究科は、こうした世界の諸地域、特に開発途上国の経済社会、言語文化、保健医療に関わる分野について、理論的かつ実証的に問題を分析して的確に処理できるような人材を育成し、国際社会に対する支援・協力を推進することを目的にしています。

 博士前期課程に国際開発、国際文化協力、国際医療協力の3専攻を設置したのは、本学が社会・人文・自然科学の各分野を備えた総合大学であるという特色を活かし、常に変動する複雑な国際情勢へのより多角的なアプローチが可能になるように考えたためです。一定範囲内での専攻横断的科目履修が認められているので、隣接する専門分野の方法論や研究成果などを参考に、国際社会全体を俯瞰する視野を確保しつつ、諸地域に存在する現実的問題への理論的考察と実践的対応法を研究することができるでしょう。

 また博士後期課程では、途上国の経済発展のために独創的な発想を提起できるような人材を養成するため、前期課程の各専攻分野を統合した開発問題専攻を設けています。

 国際協力の分野は、各々の専門分野における深い学識が必要であることは言うまでもありませんが、それらの分野を越えた学際性や多様性、さらには危機事態に即応しうる柔軟性なども不可欠です。幅広い学問分野に亘る教授陣を擁する本研究科は、急速に変化する国際社会の動向に敏感かつ柔軟に反応しつつ、関連分野との有機的な連携のもとに多彩な研究を行っており、国際協力分野での活動や研究を志す方たちへの的確な指導がなしうるものと確信しております。

このページのトップへ

PAGE TOP