search

Menu

大学ホーム国際協力研究科在学生の方へカリキュラム・シラバス国際開発専攻 履修計画

カリキュラム・シラバス

国際開発専攻

履修計画

 本研究科では、国際開発専攻に関する専門家・研究者を養成するために第1セメスターから担当教員(以下、指導教授)の指導により、修士論文作成指導を行っている。(これを重視するために、8単位という単位数をあてている)。その指導教授の指導により、自己の目的に対応した履修計画を立て、体系的な履修を行うべきである。

履修の概要

 第1セメスターから第4セメスターまでの通常の履修方法の概要を示すと次の通りである。

第1セメスター開始時 論文指導の指導教授の決定をする。
指導教授と相談の上、履修計画書を提出する。
履修申告・登録(以後、各セメスター開始時に必ず行われなければならない)を行う。
第1・第2セメスターの履修 10科目(20単位)以上取得(基礎的な研究、ツールとしての理論、原理の修得に努めねばならない)することが望ましい。
第3・第4セメスターの履修 5科目(10単位)以上取得することが望ましい(ただし、第4セメスターでは論文指導のみを履修し、論文作成の準備をすベきである)。
第4セメスター 修士論文・リサーチペーパーの提出

 大学院学生は、事例に関する具体的なテーマを持ち、学問的なアプローチをもって講義を履修し、基礎的な科目を含め、国際協力にかかわる普遍的な原理、原則、方法論等を学ぶとともに、論文指導において指導教授があらかじめ準備したプログラムに基づいて履修を行うこととする。

 論文指導において、大学院学生は、自らの目的に沿って指導教授から必要な指導を受けつつ資料の収集・分析を行い、その成果に対する評価を受ける。

通常の4セメスター履修の場合

第1〜第3セメスター …… 専門分野に関する科目(11科目22単位以上)
第1〜第4セメスター …… 論文指導(修士論文・リサーチペーパー作成)

専門分野に関する科目

 各専攻の授業科目Aは春学期に開講され、授業科目Bは秋学期に開講される。

論文指導I

 指導教授による修士論文指導科目である。原則として第1セメスターより履修するものとし、単位(8単位)は、学位論文審査および最終試験に合格した後一括認定する。

論文指導II-1・2

 論文指導II-1・2(選択各2単位)は、当該科目担当者ならびに指導教授の承認の下に、指導教授以外の指導を受けるものである。(修士論文副指導科目)

論文指導III-1・2

 論文指導III-1・2(選択各2単位)は、指導教授の助言と承認の下に、学生が主体的に、国内外を問わずキャンパス外において論文作成に必要な研究、調査活動を行うものである。

 履修として認めるのに必要な期間は、指導教授が十分な成果を得るのに適当と認める期間とする。成績評価のため、学生は原則として、指導教授に対して研究、調査活動等の成果をまとめたレポートを提出しなければならない。論文指導III-1・2の履修計画書は、事前に教務委員会で審議するため、期間の余裕をもって提出すること。(単位取得を希望する前セメスター終了前を目安とする)

 なお、研究・調査活動等の期間が1ヶ月にわたるものを2単位、1ヶ月〜3ヶ月にわたるものを4単位とする。(おおよその目安)

このページのトップへ

PAGE TOP